}
ディーン・フジオカ

12月16日に放送されるディーン・フジオカ主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の最終回にかたせ梨乃三浦誠己渋谷謙人北原里英篠井英介ら豪華キャストがゲスト出演することが決定した。さらに、これまでの回でゲスト出演した、伊藤歩大鶴義丹高橋克典も再び出演する。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作としたミステリーエンターテインメント。原作の魅力はそのままに、舞台を“令和の東京”に移し、“シャーロック・ホームズ”にあたる獅子雄(ディーン)と、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(岩田剛典/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が難事件に挑む姿を描く。ディーンと岩田のほか、佐々木蔵之介山田真歩ゆうたろうが出演している。

最終回は30分拡大スペシャル。前回第10話のラストで起きた、獅子雄の推理により拘置所に送られていた市川利枝子(伊藤)を含む、男女4人の被告が東京拘置所から集団で脱走した事件をめぐり、獅子雄が宿敵・守谷壬三(もりや・じんぞう)のもとへ立ち向かう道筋が描かれ、ドラマはクライマックスに向かっていく。

今作でかたせが演じるのは、原作のハドソン夫人にあたる波藤園美(はどう・そのみ)で、獅子雄と若宮が共同生活をおくるベイカーハイツの管理人だ。園美は、家賃を滞納している若宮を催促するため部屋を訪れた際に、獅子雄と出会い、何かと若宮と獅子雄に目くじらを立てる。

また、数々の映画やドラマで活躍している三浦は、『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』でディーン演じる主人公、モンテ・クリスト真海の忠実な秘書・土屋繁を演じ、息のあったタッグを見せていた。今回演じるのは、集団脱走事件が起きた東京拘置所の看守・月岡で、事件の鍵を握るキーパーソンとしてディーンと対峙する。

渋谷は、利枝子と共に拘置所から脱走する被告で元弁護士の田中摩周(たなか・ましゅう)を、また、昨年AKB48グループを卒業し、映画やドラマで女優としても精力的に活動している北原も同じく脱走犯の1人・春日ひとみ(かすが・ひとみ)を、それぞれ演じ、東京を混乱に陥れていく。

さらに、次期捜査一課長に内定した江藤礼二(佐々木)に、ある特命事項を命じる警視庁副総監に、長年出演してきた数々の作品でその存在感を確実に光らせる名優である篠井がふんし、最後の事件を盛り上げていく。

新たな豪華キャストが参戦しつつ、一筋縄ではいかないくせ者たちが再集結する最終回。常に獅子雄の脳裏から離れない守谷は、ついに獅子雄の前に姿を現すのか? また、獅子雄と若宮の関係はどのような結末を迎えるのか?

<最終回あらすじ>
誉獅子雄(ディーン)と若宮潤一(岩田)は拘置所から、かつて獅子雄の推理により拘置所に送った元警視庁捜査二課の職員・市川利枝子(伊藤)を含む男女4人の被告が脱走したニュースを見ている。どうやら看守が手引きしていたらしいが、獅子雄は内部に協力者がいないと脱走は無理だと平然としている。そこに、ベイカーハイツの管理人、波藤園美(かたせ)が家賃を取り立てに来た。獅子雄を見た園美は同居を禁止していると2人の関係を尋ねる。すると、獅子雄は友人だと答えた。数日中には支払うと若宮が言うと、獅子雄は約束が守れなければ自分のバイオリンを渡すと約束。

若宮は獅子雄の口から友人と言われたことがうれしかった。そんな時、新たにすべての脱走犯たちの名前が判明したというニュースが流れ、その中に守谷の名を見た獅子雄の表情が硬くなり……。一方、警視庁では江藤礼二(佐々木)が刑事部長と副総監(篠井)に呼び出され、あるミッションを与えられていた。明かされていく江藤の知られざる顔……。そして、獅子雄と江藤の間には決定的な溝が生まれていた……。

山田裕貴さんが主演を務めるドラマ特区『ホームルーム』(MBS、毎週木曜24:59~/テレビ神奈川、毎週木曜23:00~/チバテレ、毎週金曜24:00~/テレ玉、毎週水曜24:00~)が、1月23日にスタートした。山田さんは、秋田汐梨さん演じる女子生徒・桜井幸子を狂愛するド変態ストーカー教師・愛田凛太郎を演じています。

ページトップへ
Twitter Facebook