2020年1月4日(土)と5日(日)に放送される木村拓哉主演のフジテレビ開局60周年記念特別企画『教場』(フジテレビ系、21:00~)に加え、今年1月に公開し大ヒットした木村主演の映画『マスカレード・ホテル』が、2020年1月3日(金)21時から地上波初放送されることが決定。令和初となるお正月を木村の主演作品で彩る「新春3夜連続木村拓哉スペシャル」となる。

まずは、シリーズ累計362万部を突破した東野圭吾の傑作同名ミステリーを実写化し、興行収入46億円を超える大ヒットとなった映画『マスカレード・ホテル』。映画の舞台となるのは、超一流ホテル。ここに連続殺人犯がまぎれている。連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介を演じるのが木村。そして新田と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美役には木村と初共演となった長澤まさみ。立場も性格も正反対の異色のバディが、ホテルという非日常の特殊な空間で巻き起こる屈指の難事件に挑む。

さらには小日向文世松たか子渡部篤郎ら日本映画界に欠かすことのできない総勢20名以上のそうそうたる豪華キャストが出演。メガホンをとるのは『HERO』『ロングバケーション』など数々の作品で木村とタッグを組んだ鈴木雅之監督。まさに新春にふさわしい豪華絢爛ミステリーとなっている。

フそして、フジテレビ60周年特別企画『教場』は、累計70万部のベストセラーとなった長岡弘樹の「教場」(小学館)シリーズを原作とした大作エンターテインメント・ミステリーであり、警察学校が抱えるリアリティを描ききる衝撃の問題作だ。脚本・君塚良一、演出・中江功という最強の制作陣が集まった。

木村演じるカリスマ教官・風間公親が教壇に立つ教場(警察学校教室)、通称“風間教場”。そこに集う生徒役として、工藤阿須加川口春奈林遣都葵わかな井之脇海西畑大吾富田望生味方良介村井良大大島優子三浦翔平といった注目の若手キャストが集結。さらに舞台となる警察学校の教員として小日や佐藤仁美和田正人といった超豪華俳優陣が、さらにその他の共演陣として石田明NON STYLE)、高橋ひとみ筧利夫光石研といった実力派俳優陣が名を連ねる。

令和初のお正月は、エリート刑事と警察学校のカリスマ教官を熱演する木村の姿に注目だ。

「私は独身ではないけど、父に対する気持ちが刺さりすぎて...」「吉田羊さんと田中みな実が出るから...と思って見たら未婚女に刺さる物語だった。しかも監督が山戸さんで...とてつもない縁を感じる」と共感の声続々! ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」(毎週金曜深夜0時12分)。原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める"独身のカリスマ"ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公のモデルはジェーン・ス

ページトップへ
Twitter Facebook