11月19日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~※この日は23:30~)は、プロダンサーの道から、力仕事の“林業”に転身した中島彩(38)に密着する。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高本谷有希子YOU若林正恭オードリー)。ナレーションは、小野賢章が務める。

今回の主人公、中島が所属するのは、兵庫県丹波市に事務所を構える有限会社ウッズ。森林整備の為に行う木の伐採や、木材の加工・販売までを手掛ける、“林業”を生業とする会社だ。林業は漁業や建設業などと比べても、従事中の死傷者数が多い仕事。男ばかりの職場で、そんな過酷な仕事に12年間従事している彼女。実は25歳まで“プロダンサー”という全く毛色の違う道を歩んでいた。そんな彼女が、なぜ、あえてケガや死の危険も伴う男性社会の林業に挑むのか?

神戸市出身で、幼少期からバレエを習っていた中島。ダンスを学ぶ為に大阪芸術大学に進学、卒業後もダンサーとして25歳まで活動していた。しかし、オーディションを受けに行った時に明らかに努力して適うレベルじゃないダンサーの姿を目の当たりにし、ダンサーの道を諦めることに。そんな時、樹木医をしている叔父と接して林業に興味を持ち、26歳で男ばかりの世界に飛び込んだ。

労働者1000人あたりの年間死傷者数は全産業の中でも一番多いという、非常に危険な職業である林業。実際に彼女が行う仕事は、重さ数tの杉の木をチェーンソーで伐採し、重機を操縦して運搬する。更に急斜面の山道を毎日10km歩き回る。体力的にも厳しいこうした作業に取り組む姿に、同僚の男性たちからの評価は高い。力仕事の“林業”を目指した理由、そして彼女のルールとは?

そんな中島の様子を受け、スタジオの話題は“職場環境”に。若林が以前、アルバイトをしていた弁当屋のスタッフが、女性7人に対して男性は自分だけだったという。女性達の意見に共感をしないと反旗を翻すことにつながるような環境の中、若林が取っていた対応策が出演者達の笑いを誘う。

テレビ朝日系で、平日毎朝4時55分から8時まで放送されている朝の情報番組『グッド!モーニング』。 番組を支え、毎朝を明るくする『グッド!モーニング』4姉妹(松尾由美子・島本真衣・新井恵理那・福田成美)は、放送後毎日ブログ

ページトップへ
Twitter Facebook