加藤みどり、天海祐希

人気アニメ『サザエさん』(フジテレビ系、毎週日曜18:30~)の放送50周年を記念した「サザエさんウィーク」の発表会が17日、都内で行われ、放送開始当初からフグ田サザエの声優を務めてきた加藤みどりと、24日20時から放送される20年後の磯野家を描くスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』でサザエ役を務める天海祐希が登壇した。

「サザエさんウィーク」は18日から1週間開催され、22日19時からはサザエさんと池上彰が『サザエさん』の描く昭和、平成、令和の日本の出来事を徹底解説するスペシャル企画『池上彰×サザエさんスペシャル お茶の間ニッポン史50の解説でございま~す!』が放送される。また、23日19時からはバラエティ番組『逃走中15周年記念!50周年のサザエさんとコラボスペシャル』、24日18時30分からは5つのスペシャルアニメを放送する『アニメ「サザエさん」放送50周年記念スペシャル』と、前述の『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』が放送される。

イベントでは冒頭、『サザエさん』が「最も長く放映されているテレビアニメ番組」としてギネス世界記録を更新したことが発表され、「同一のアニメ作品のキャラクターを最も長く演じてきた声優」として加藤がやはりギネス世界記録に認定されたことから、改めて認定書の授与式が行われた。加藤は認定書を受け取ると「50年続けてこれたのはフジテレビがなくならなかったから。(サザエさんを通じて声優として)ものすごく成長させてもらった。一生食べていけるだけの体力もいただけました」と嬉しそうにコメント。

また、サザエ役に挑んだ天海は感想を問われ、「サザエさんに出ると聞いてわたしでいいんだろうかって。わたしが2歳くらいから始まっているんですけど人生を共にしてきた感じ。日本でもっとも有名な家族ですからプレッシャーもありました」と恐縮気味に発言。「加藤さんにもたくさんアドバイスをもらいました。自分たちがあのアニメーションの中に入れたような気分で撮影できてとても楽しかったです」と感慨深げに語った。

加藤はそんな天海について、「かっこよすぎるんじゃないって思ったけど、(制作サイドから)サザエさんは実は美人です、本当の美人は心のきれいな人だって言われて納得しました。サザエさんは美人の典型なんだそうです」と太鼓判を押した。

なお、スペシャルアニメでは放送される5つのストーリーのうち、ひとつが「カツオ、夢のメジャーリーグ」というメジャーリーグを題材にしたものであるといい、現役メジャーリーガーの大谷翔平選手がアニメキャラクターで登場することも発表された。会見では大谷選手からのメッセージも紹介され、大谷選手は「小さい頃から見ていたアニメなので今回出演できて嬉しく思います。(自分の顔がアニメになるのは)不思議な気持ちでした」と感想を述べた。

加藤は大谷選手について「野球の時チラッとしか見ないけど本当にナイスガイですね。本物に会って触りたかった」と話してにっこり。自身の今後については「わたしも何を隠そう80歳になります。人生100年だそうですから、あと20年。まだまだ稼ごうかなと思っています」と茶目っ気たっぷりに話して現役続行に意欲をみせていた。

尾上菊之助と小籔千豊が、12月14日放送の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』(NHK Eテレ、毎週土曜22:00~)に出演。歌舞伎界を代表する若手スターの一人でドラマなどでも活躍し注目を浴びる菊之助と、お笑い界で売れっ子の吉本新喜劇座長・小籔という、それぞれ座をまとめる2人が「芸」の伝承からリーダー論まで語り合う。

ページトップへ
Twitter Facebook