国民的人気歌手の大空ゆかりを演じる中条あやみ

中条あやみが、12月21日(土)21時15分から放送されるNEWS加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)に出演することがわかった。中条は、物語のキーパーソンでもある国民的人気歌手・大空ゆかりを演じる。

本作は、ミステリー&ホラー小説界の巨匠・横溝正史による“金田一耕助シリーズ”の中でも、名作の呼び声高い一本。横溝自身が認めた傑作ミステリーで、怨念めいた村を舞台に血で血を洗う争いが描かれる。金田一役の加藤や生瀬勝久のほか、寺島しのぶジャニーズWEST小瀧望が親子役で出演することも発表されている。中条が演じるゆかりは、物語の舞台となる鬼首村(おにこうべむら)の出身で、彼女の帰郷が惨劇の幕を開くことになる。

誰もがうらやむ美貌と美声を持ち合わせるゆかりは“グラマーガール”の愛称で親しまれているスター歌手。リサイタル公演のために鬼首村へ帰郷するが、時を同じくして温泉旅館を営む青池リカ(寺島)の息子・歌名雄(小瀧)の婚約者である由良泰子が滝つぼで死んでいるのが発見される。

実は、ゆかりは20年前に温泉旅館の主人・青池源次郎を殺害した恩田幾三の娘であり、人殺しの子として村を追われるという悲しい過去を背負っていた。20年前の事件と今回の事件に関連性はあるのか。岡山県警の依頼を受けて村を訪れていた金田一が、不可解な難事件に挑む。

台本を読んだ中条は、「私自身、金田一耕助シリーズのファンだったので、台本が目の前にあるのがうれしくて。物語の中に入れることをとても光栄に思っています」と喜び、「今作はどんなミステリードラマよりも怖いんじゃないかって思うくらい、女性同士の争いがたくさん描かれています。“女性は怖いな”って思いました(笑)」と感想を述べた。

また、ゆかりが身にまとう昭和初期のファッションも注目ポイントの一つ。中条は、「時代を感じるレトロなお洋服をたくさん着させていただきまして。“これぞ金田一!”という独特な世界観にスッと入っていける衣装だなと思いました」と絶賛し、「ワンピースももちろんかわいいんですけど、一番のお気に入りはドレスにファーコートというスタイルです。昔のシンガーみたいでかっこいいんです! そのあたりもぜひ注目していただければうれしいです」と見どころを語った。

全体のストーリーについては、「クリスマスを控えたハッピーな時期に、とても怖いドラマが放送されるわけですが、女性の強さや愛を描く物語でもあると思っています」と説明。最後は「金田一の世界観に思い切り浸っていただいて、ゾッとしながら謎解きを一緒に楽しんでいただければうれしいです」とメッセージを伝えた。

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系、7月19日スタート、毎週日曜21:00~)のオンライン制作発表が12日、都内で行われ、主人公の半沢直樹を演じる堺雅人ほか、共演者の上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook