福山雅治が、10月28日に放送される『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系、毎週月曜20:00~)のショートドラマに出演することがわかった。

同番組は、内村光良ウッチャンナンチャン)がMCを務める、日頃のストレスを“スカッと”吹き飛ばす爆笑バラエティ。スタジオゲストに戸田恵子新木優子三田寛子指原莉乃陣内智則を迎える。

2年ぶり3度目の出演となる福山が今回演じるのはビジネスマン・宇賀神圭吾。常にカッチリとしたスーツを着こなし、髪もキッチリ整っていて、見た目はまさに仕事のできる“ビジネスマン”そのもの。そんな“宇賀神”が今回も3作品で困っている人たちのピンチを救うため、スカッと走り、難題を華麗に解決する神対応をみせる。

1作目はあるOLに起こった出来事。車で買い物に出掛けようとしていた時、その車の下にネコが潜り込んでいる事に気付き困っていると、そこに福山演じる宇賀神圭吾が現れ、ビジネスマンならではのあるものを使って、この難題を解決する。さらに“ネコ”が絡むピンチを切り抜けた後、お礼を言った女性に対し、宇賀神がその紳士的な見た目からは想像もできない“胸キュン”な一言を女性の耳元でささやく。

2作目は妊婦さんに巻き起こった出来事。公園で息子と遊んでいた時、息子がすべり台で遊ぶと言い、それを見守っていた時の事。他の子供もすべり台に集まってきたため、他の子に譲るために早く降りてくるように促したのだが、息子がなかなか降りてこない。まだ小さい息子にとって登ってみると想像以上にすべり台が高かったのか、怖くて降りられなくなってしまったのだ。「ママ、助けて」という息子だが、大きくなったおなかですべり台の上に登る事に不安だった妊婦さん。そこに現れたのが宇賀神圭吾! 困っている息子の元へ考えられない方法、驚異の身体能力で向かう。そして、その息子とある“約束”を交わすのだった。その約束にこの家族もうっとりしてしまう。

3作目は迷子になった女の子の話。あるショッピングモールで迷子になっていた女の子。通りすがりの女性が声をかけるも泣いてばかり。そこを偶然通りかかった宇賀神圭吾。宇賀神が話しかけてもずっと泣いている女の子に困っていた時、女の子が持っていた“あるもの”に目が止まると、宇賀神は突然走り去ってしまったのだった。一緒にいた女性も困っていたら、戻ってきた宇賀神が驚きの行動をみせる。見事に女の子のピンチを救った宇賀神が迷子の女の子に声をかけていた女性にすてきな一言を放って立ち去る。その言葉とは?

スタジオゲストの戸田は、ドラマの感想を聞かれ笑いが止まらない様子だったが、福山を大絶賛。三田は「『スカッとジャパン』でしか見られない」と言い、さらに福山を呼ぶセリフにモノ申す場面も。新木は「福山さんがやるから現実味がなくなって、ドラマみたいにみえちゃう」と語った。さらに、内村がこのドラマの撮影当日に起こったとある“奇跡”を紹介。スタジオは「さすがスター!」と一同驚きを隠せない様子だった。

番組では福山のほか笹野高史津田寛治濱田マリ山村紅葉らがショートドラマに出演。日常に潜む非常識な奴らを良識ある大人がスカッと成敗する。

11月22日(金)の『ミュージックステーション』2時間スペシャルに、12月4日(水)にカバーアルバム『IM A SINGER vol.2』をリリースするToshlが出演する。 昨年11月に発売されたカバーアルバムの第2弾

ページトップへ
Twitter Facebook