千鳥ノブ大悟)が、9月25日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)にゲスト出演する。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ。

TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「千鳥の生まれて初めて聞かれました」で、「同期や後輩に対して負けた、と思ったことはある?」という質問が城島茂から飛ぶと、松岡昌宏から「ちなみに城島さんは誰なの?」と問われる。城島が大まじめに「King & Princeとかすごいな」と語ると、スタジオにいた全員が大爆笑! 長瀬智也から「なんで? 同じ立場で考えてるの!?」、ノブからも「若っ! ライバル視!?」と総ツッコミを受けてしまう。

そんな千鳥も「King & Princeのように、最近若手がすごい」と“お笑い界の若手”について言及し、大悟は「ゆりやんレトリィバァ」と告白。千鳥の番組にゲストで出演した際に「根性がすごい」と感心させられたというエピソードを語る。一方、ノブはお笑い界の「新世代だ」と仰天させられた若手芸人の名前を打ち明ける。一体誰なのか?

さらに、過去から現在まで、千鳥のプライベートにTOKIOが迫っていく。大悟とノブは家族ぐるみの付き合いをしているそうで、子供が同じ幼稚園に通っていた当時の運動会でコンビそろって応援に行ったという。ビデオカメラを手にした2人が思わずとってしまった、コンビならではの珍事とは?

さらに、「大悟は午前中、酒臭い」とノブが暴露した流れで、国分太一から「リーダーもたまに酒臭いよね?」と無茶ぶりされた城島。急きょノブと千鳥の漫才ネタを披露することに。しかし、収録後にノブから「本当に申し訳ないことをした」と謝罪される事態となり……。

街の人への何げないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。11月24日(火)はタレント・ふかわりょうの後編をお届け。【配信終了:12月1日(火)】動画はこちら今年で芸歴26年になるふかわ。子どもの頃、お正月に放送されていた「お笑いBIG3」の冠番組を観ていて「どうしてタモリさんは、たけしさん・さんまさんがあんなにおちゃらけている中で、淡々としていられるんだろう?」と憤りすら感じたことがあったそう。しかし「自

ページトップへ
Twitter Facebook