永瀬廉King & Prince)が主演を務めるドラマスペシャル『FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました』(カンテレ・フジテレビ系)が、9月24日(火)21時から放送されるのを前に、永瀬、北村匠海黒島結菜が見どころをアピールした。

このドラマは、航空会社のキャビンアテンダント(以下、CA)を目指し、訓練生となった主人公の朝川千空(永瀬)が、同僚たちとともにさまざまな訓練を通じ、成長していく青春物語。

ドラマ初主演の撮影を無事終えた永瀬は作品について、「さまざまなプレッシャーと戦いながら撮影に臨んでいたので、皆さんの反応が楽しみです」と撮影中の苦悩を思い出しながら、それを乗り越えて出来上がった作品が放送されることに喜びのコメント。また、ドラマを見た感想として、黒島とキムラ緑子の共演シーンをあげ、「アドリブ含めてすごい」と驚いていた。永瀬、北村、黒島のコメントを以下に、紹介する。

<永瀬廉コメント>
ドラマということでさまざまな方が見て下さると思うんですが、そういうことを考えるとなんか恥ずかしいですね。いろいろなシーンがよみがえってきて、ここカットされたか……など思い出します。キムラ緑子さんとの掛け合いのシーンを何パターンか撮影したんですが……力量が足りず悔しかったです(笑)。

ドラマ初主演ということもあり、さまざまなプレッシャーと戦いながら撮影に臨んでいたので皆さんの反応が楽しみです。見ていただきたいのは、何より千空に影響されていく周りの変化です。薫(北村)やつばさ(黒島)の変化もそうですが、最後に向かうにつれて千空の良さが出てくると思います! あと、緑子さんの演技、すごかったです……つばさと美智(キムラ)が掛け合うお風呂のシーンがあるんですがアドリブを含めてすごいなって思いとても勉強になりました。完成した作品を見たからこそ気づけたシーンでしたね。個人的にめちゃくちゃ笑いました。千空もですが緑子さん演じる美智にも注目いただければと思います。ドラマのアクセントになっていて、僕自身も安心感がありました!

<北村匠海コメント>
視聴者として見たとき、千空がたくましくなっていく姿に、身を委ねたくなる気持ちが高まってくので凄くワクワクしました。CAを目指す薫、勇一(岐洲匠)、正太郎(小越勇輝)、そしてパイロットを目指すつばさも、千空という存在に突き動かされて、たくましくいい顔になっていくというのがうまく描かれて胸にくるものがありました。このドラマを通して、夢に向かって挑戦してくれる人が増えてくれたらうれしいなと思います。

特に好きなシーンは、千空の家(べるさい湯)につばさが来るシーンです。普段パイロット候補生で髪の毛を結んでいるつばさが、お風呂あがりで髪の毛を下ろしていたり、千空とつばさの距離がグッと縮まる瞬間が描かれていてすごく素敵なシーンだなぁと。このドラマのいい意味での絶妙な空気感が伝わるシーンだと思います。千空と一緒に反省文を書いているシーンの薫も、薫自身が変わるキッカケになった部分なのでぜひ見て頂きたいです。

<黒島結菜コメント>
こんなにも爽やかで一生懸命なドラマは久々に見ました! それぞれが悩んだり悔しい思いをしながらも、頑張る姿はとてもキラキラしていて、すごくいいなと思いました。余計なことを考えすぎて、やりたいことがわからなくなることもありますが、初心に戻り、純粋な気持ちを思い出して、改めて自分と向き合うことは大事だと感じました。また、男女関係なく職業を選べる時代になってきているのも、このドラマが教えてくれていることだと思います。今だからできたこの作品に関わることができてうれしいです。

6月18日(金)夜8時からは金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係5」を放送!空気の読めないキャリア警視・小早川冬彦(小泉孝太郎)と男勝りで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)。年齢も性格も階級も違う迷コンビが難事件解決に挑む!第8話「大食いタレント殺人事件」杉並みやび商店街ふれあい祭りを訪れた冬彦(小泉孝太郎)、寅三(松下由樹)らゼロ係のメンバー。お祭りのメインイベントであるフードファイターの「バキューム100%」こと黒田洋介(伊島空)に区民3人が挑むプリン大食い対決のプリン並べる手伝いを頼まれ

ページトップへ
Twitter Facebook