EXILE松本利夫がMCを務める『MATSUぼっち』(フジテレビ系、毎週水曜24:25~)が、9月18日に放送。下着会社でロケを行っていると、彼とも親交のあるイケメン俳優と遭遇した。

同番組は、一人ぼっちで淋しがりやの松本がこれまで未知だった世界に繰り出し、今まで知らずにいた世界の先入観と現実のギャップを埋め、新たな自分の素顔を見つけ出すバラエティ。今回は女性下着会社「ピーチ・ジョン」に潜入。新オフィスにカメラが初潜入した。

早速同社プレスの内藤さんに話を聞くことに。黒のブラジャーが透けたシースルーの服でお出迎えしてきた彼女に、松本は「まず目線に困る」とドギマギ。男性からすれば大胆な格好であるものの、内藤さんは「中に見せブラをしていて、(下着を)見せて楽しんでいます」とあっけらかんと答えた。社員は常にファッションスタイルに合わせたブラジャーを楽しんでおり、今回の内藤さんもその一環だという。

内藤さん曰く、「ピーチ・ジョン」のスタッフは9割以上が女性で男性はごく少数。ワークスペースでは、フリーアドレス制を導入しており、個人のデスクを固定せず、それぞれが好きな場所で仕事をしていることが明かされた。ここで、男性社員に話を聞こうとオフィスを回っていると、打ち合わせ中の鈴木伸之劇団EXILE)を発見。何も知らなかった松本は「ビックリした! 何しているのお前⁉」と驚き「ずいぶんカッコイイ奴が働いているなって思った」と本音を吐露した。鈴木は同社とルームウェアをコラボしていると言い、実際に商品を試着した松本は「めちゃくちゃいいぞコレ!」と称賛。鈴木が試着すると「お前似合うな」と羨ましがった。

松本は会議にも参加。新色の下着カラーを社員と一緒に決めることに。こうした商品開発中は、女性社員がフィッティングモデルを引き受けてくれるそうで「誰かに頼んできてほしい」と依頼される。松本は照れ笑いを浮かべながら、オフィスで下着モデルを探し、ようやく引き受けてくれる一人の女性スタッフを見つけた。しかし、実際に下着を着用した女性を目の当たりにした松本は「谷間に目がいっちゃう」と狼狽。照れながらも、しっかりと自分の考えを示し、同社スタッフから「デザイナーになれる!」と褒められていた。

俳優の中村倫也が、10月15日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系、毎週火曜24:20~※一部地域を除く)に出演する。今回は、ドライブをせずに、巷で流行っているミニゲームをみんなで楽しむ特別編。バナナマン(設楽統、日村勇紀)と中村に、佐藤栞里と東京03の飯塚悟志を加えた5人で盛り上がる。

ページトップへ
Twitter Facebook