中尾明慶が、7月26日放送の『坂上どうぶつ王国』×映画『ペット』豪華3時間SP!(フジテレビ系、毎週金曜19:00~)に出演。子供の容赦ない言葉に苦笑いする一幕がある。

同番組は、芸能界きっての愛犬家である坂上忍とゆかいな王国ファミリーの仲間たちが、人間と動物の「楽園」をイチから作り上げていく動物バラエティ。スペシャルレギュラーとして片平なぎさ、レギュラーメンバーとして、高橋海人King & Prince)、サンドウィッチマン伊達みきお富澤たけし)、くっきー野性爆弾)、堀田真由が出演する。

中尾は自宅で犬と猫をあわせて3匹飼っていて、猫の「おかかちゃん」は保護猫だ。そんなどうぶつ大好きの中尾が挑戦するロケは、日本の離島に暮らすどうぶつとその驚きの暮らしぶりを“八景”にするという新企画「離島どうぶつ八景」。大自然あふれる沖縄県の小浜島を訪れ、島の不思議などうぶつを探し“どうぶつ八景”としてカメラにおさめていくことに。初めて小浜島を訪れた中尾は「どうぶつを探す前に、まず人がいないです……」と戸惑いながらも、島民への聞き込みを開始する。すると早速、野生のクジャクが生息しているという情報をキャッチ。クジャクは島のどこにでもいるというものの、「その光景が全く想像つかない」と半信半疑の中尾。しかし、中尾はついに野生のクジャクを発見する。そして、ロケの途中で突然叫び声を上げた中尾。なんと道端の溝にあるどうぶつが潜んでいたのだ。そのどうぶつとは? さらに聞き込みを進めると、“神の使い”や“日本一大きい”と言われるどうぶつなど、謎のどうぶつが生息していることが明らかに。

そしてどうぶつだけでなく、おばあちゃんから子供たちまで、個性あふれる島民のみなさんとのふれあいにも注目だ。島の子供たちに「変な人が来ちゃったよ~」といじられつつも、「知ってる? 俺のこと?」と聞いてみる中尾。しかし子供たちに一斉に「知らない!」と言われて苦笑い。さらに島の小学生たちとは恋バナでも盛り上がる。

一方スタジオでは、まだ引き取り手がいないワンちゃん猫ちゃんの里親探しのお手伝いを行う。今回スタジオに登場したのは、イングリッシュポインターのボンゴくん、ミックスのUru(うる)くんと、がんもくんの3匹。「性格がおとなしいんだな。かわいい」と、座り込んでUruくんをなでる高橋。するとUruくんは、高橋のほうにスリスリと近寄っていく。ファミリーたちがそれぞれ3匹の魅力をアピールし、飼い主を募集する。

また番組では、映画『ペット』にちなんで、飼い主の留守中にペットは何をしているのか? その秘密の時間を、カメラでこっそりのぞき見してみることに。そこには動物たちの意外な姿が!

脳科学者・中野信子が、1月16日に放送された『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系、毎週土曜24:05~※一部地域を除く)に出演。講談師・神田伯山と滝沢カレンの悩みを解決するという企画が行われ、的確な分析とアドバイスを披露した。

ページトップへ
Twitter Facebook