深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第2話が、7月18日に放送。インターネット上では、初回に続き、深田の大胆なコスチュームに注目が集まった。

横関大の同名小説を実写化した本作。泥棒一家の娘である華(深田)と、警察一家の息子・和馬(瀬戸康史)との禁断の恋愛模様をコメディータッチで描く。普段は図書館司書として働いているものの、じつは泥棒一家“Lの一族”の娘である華。家業を継ぐことを拒んでいるが、警察として窮地に陥る和馬を救うため、葛藤しながらも、ついつい家業の手助けをしてしまう。2人の出会いが描かれた前回。和馬は結婚の許しを得ようと華を家族に会わせるが、華が公務員の家柄ではなかったため結婚は認められなかった。しかし和馬の父・典和(信太昌之)は、捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと条件を出す。

第2話では突然和馬が、母・美佐子(マルシア)と父・典和(信太昌之)を連れて、華の実家に挨拶へやってくるところから始まる。嫌味を連発する和馬の両親だったが、華の父・尊(渡部篤郎)と典和が高校時代に野球で試合したことがあり、意気投合。結婚の話についても進展があった。しかし、美佐子だけは許してくれず、逆に華へ「別れてほしい」と告げられてしまう。

そんな中、和馬がアポ電強盗事件を担当することに。被害者の声を聞いた和馬は犯人を捜そうと必死になるが、時を同じくして尊と悦子(小沢真珠)が「秀吉の茶釜」をターゲットにしようとしていた。そのターゲットは、じつは和馬が追っていたアポ電強盗事件の主犯格の所有物。老人ホームに資料請求をした自宅にアポ電を行う卑劣な犯行だったため、尊らは自宅に受け子を呼び寄せ、潜入する作戦を実行することに。和馬が必死になって犯人を捜していることを知った華は、胸中複雑ながら、彼のためにセクシースーツに身を包み、両親の仕事を手伝うことにした。

捜査で仕事中の和馬に「私と仕事どっちが大切なの?」と呼び出し犯人を遠回しに教えようとしたものの、祖母のマツ(どんぐり)が受け子と間違えて気絶させてしまう。彼が眠っている間に華は元締めの会社に潜入したのだが……。

ネット上では、両親へコミカルなツッコミを入れつつ、セクシースーツに身を包むとドSになる深田が脚光。「美しいしセクシー」「命令してくれぇぇぇ」「スーツに着替える時の表情が今回すっごくエロかったっ!」と反響だった。

次回 1月24日(日)よる10時30分 日本テレビ系で放送の新日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」。本作は日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、日本テレビ系日曜ドラマにてSeason1を放送、全10話で一度完結を迎える。その後に、3月よりHul

ページトップへ
Twitter Facebook