新木優子、高良健吾

新木優子高良健吾が、10月スタートの木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)でW主演を務めることが明らかになった。新木と高良は初共演。新木が地上波ドラマで主演を務めるのは今作が初、高良は木曜劇場で主演を務めるのは初となる。

本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリの同名コミックが原作で、元カレを引きずる女子はもちろん、恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く、「イタカワMKM(モトカレマニア)」の“ざわざわ”ラブコメディ。

今回、新木が演じるのは、元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ。元カレのマコチを好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中でマコチと妄想の会話をしたり、初対面の男性に対し、“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけると恍惚の表情を浮かべる27歳独身のぶっ飛びOL。見た目が悪いわけではなく、まわりの女の子と比べても、彼女が持ち合わせているスペックは決して低くないにも関わらず、うまく恋愛ができない女性だ。

一方、高良は、元カレのマコチこと斉藤真を演じる。不動産会社に勤務する30歳独身のイケメンで、元カノ・ユリカの妄想の中にたびたび現れ、彼女の大きな心の支えとなっている。5年前に2人が別れることになってから姿を消していたが、ユリカが働くことになった不動産会社で“同僚”として再会。真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動でユリカの心を大きく揺さぶってしまう。

新木は地上波ドラマ初主演について、「緊張も責任も今まで以上にありますが、見ていただける皆さん、参加してくださる皆さんが楽しんでいただけるようなそんなドラマになればいいなと思っています」と期待。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以来となるフジテレビドラマ主演、かつ「木曜劇場」初主演となる高良は、「自分でも驚くほどスッと受け入れることができました。それはラブコメという、自分が今まで経験したことがないジャンルだったからだと思います。新しいことをする時にプレッシャーは付き物ですが、それよりも新しい何かに出会える気がしてワクワクしています」と新たな経験に楽しみにしている様子。

原作を読んだ印象を聞くと、新木は「“この感覚、味わったことある!”と誰もが思うような描写がたくさんあって、私も読んでいてすごく楽しかったです」と言い、高良は「自分が知らない世界でした。登場人物たちの考え方が自分にとっては新しいというか。それと、登場人物のいろいろな動きがとてもかわいらしいなあと。多くの女性の共感を得ている作品です。映像化にするにあたって、どっちの方向にも持っていけそうな原作なのでこの世界に入る自分をイメージして笑いながら読みました。冒険できそうです」と明かす。

また、それぞれの役どころについても告白。新木はユリカという“イタカワ女子”を演じることについて、「原作を読んで、過去の彼に抱く印象をユリカは全部さらけ出してしまうとても素直な女の子だなと思いました。なので、今まで以上にすべてのことに素直に反応してお芝居を楽しみたいです」と気合十分。

高良はマコチ役のイメージはまだまだらしく、「これから徐々にマコチのことを身近にしていけたらと思います。ただの天然にはさせないように、マコチを確かに存在させることが自分に与えられた役割だと思います」と意気込む。

2人は初共演になるが、新木は高良の出演映画『蛇にピアス』(2008年9月公開)を見たそうで、「すごく印象的ですてきな方だなと思っていました」と印象を明かし、「今回ご一緒できることがすごく光栄ですし、二人三脚、私が頼るばかりではなく、少しは安心してお芝居していただけるように頑張りたいです」と宣言。

一方、高良は初共演となる新木について「まなざしがまっすぐで、凛とされているなというのが印象です」と言い、「まだお会いしていないですが、これから作品、現場を一緒に支えていけたらと思っています」と力強いコメント。

原作者の瀧波は、「“モトカレマニア”ドラマ化、すごーくうれしいです! 新木優子さんの演じるユリカが楽しみすぎます。妄想を突っ走らせるユリカ、脳内会議で増殖しまくるユリカ、ツーンとしたり、赤面したり、感情暴走列車状態のユリカ……。それを演じる新木優子さんの愛らしさを想像してキュンキュンしています。そして、マコチ役に高良健吾さん……! “忘れられないモトカレ”としての魅力がありすぎます! “高良健吾さんがモトカレだったら”という妄想をしてみましたが、ステキすぎてつらすぎて泣きたくなりました! ほかにも、優しさあふれる山下さん、個性豊かなチロリアン不動産のメンバーなどなど、ドラマの見どころがありすぎて今から困ってます! 昔の恋人を忘れられないモトカレ&モトカノマニアの方々も、そして昔の恋人なんて思い出しもしないという方々も、共感したり、悶絶(もんぜつ)したり、ハラハラドキドキしたり、きっといろんなふうに楽しめるドラマになるはず。とっても楽しみにしています!」と期待を寄せている。

また、新木の『モトカレマニア』専用Amebaブログが期間限定で開設することも決定。民放ドラマで主演俳優がドラマ専用アメブロを1人で運用するのは初となるそうなので、こちらにも注目したい。

ページトップへ
Twitter Facebook