溝端淳平が主演を務めるオトナの土ドラ『仮面同窓会』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第7話が、7月13日に放送される。

本作は2016年より始まった「オトナの土ドラ」の記念すべき20作目の作品。高校時代の親友4人(溝端、佐野岳木村了廣瀬智紀)が体罰教師の樫村(渡辺裕之)への仕返しとして催した「仮面同窓会」が、思わぬ展開から殺人事件に発展。互いが疑心暗鬼に陥る中、隠された秘密が次々に明らかになり、新たな殺人事件が起きるというクライムストーリー。

<第7話あらすじ>
洋輔(溝端)は、狐狸山高校に保管されていた資料から、真理が自殺直前に妊娠していたことを知る。そのことを美郷(瀧本美織)に伝えると、美郷は「八真人(廣瀬)が樫村を殺したのではないか」と推測。親友を疑う美郷に対し、洋輔は悩んだ末、樫村が死体で見つかった前日に、洋輔、八真人、希一(佐野)、和康(木村)の4人で、イタズラで樫村を拉致したことを美郷に告白する。

一方、加奈子(雛形あきこ)のアトリエを訪れた希一は、そこであるSDカードを見つける。そこには歩道橋の上で和康が仮面をつけた男に襲われている映像が入っていた。さらにアトリエに放置された加奈子のスーツケースには、希一から恐喝した3000万円がそのまま残されていたうえ、近くには血痕が。加奈子は、誰かに襲われたのか!? その瞬間、アトリエ内に潜んでいた仮面の男が突然希一に襲いかかる……。

突然、訪れた年上男性との出会いか? 懐かしき再会を果たした同級生の安心感か......?対照的な2人の間で心が揺れ動くアラサー大人女子のリアルな恋愛事情を描いた大人の恋物語、ドラマParavi「理想のオトコ」(毎週水曜深夜0時40分放送/テレビ東京系)。恋愛から遠ざかって久しい美容師・小松燈子(蓮佛美沙子)は、30歳を過ぎてもまったく男っ気がない。ある日、編集者の友人・安積茉莉沙(藤井美菜)から、これから授賞式に登壇するという漫画家・ミツヤス(安藤政信)の身なりを整えてほしいと頼まれ、そのまま授

ページトップへ
Twitter Facebook