現在放送中のオトナの土ドラ『仮面同窓会』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)に皆川希一役で出演中の佐野岳が8日、ナゴヤドームで行われたプロ野球セ・リーグの中日―広島戦で、始球式を務めた。

背番号が「仮面」の特別仕様のユニホームで登場した佐野。地元愛知県の出身で、中学・高校と名門校のサッカー部でその名を馳せ、抜群の運動神経を誇る。そんな彼が、地元ナゴヤドームの始球式に燃えない訳がない。1塁側の通路で待機中、中日ドラゴンズの大島洋平選手と記念撮影。さらに、祖父江大輔投手と言葉を交わした。

そして、ドアラに連れられてマウンドに立った佐野。アンパイヤの「プレイボール」のコールを受けて投じた1球は、アウトコースいっぱいに決まるストレート! なんと、球速は111kmを記録。自己目標の100kmを大きく上回る記録を達成した。

始球式を終えた佐野に、改めて話を聞いた。

――始球式を終えられての感想を

すごく緊張しましたね。あんな大勢の前に立つことはなかなか無いので、自分じゃない気がしました。あの中で勝ち負けを決める大事な戦いを一戦一戦やっている選手たちはすごいです。しっかりしたメンタリティが無いと出来ないと思うし、アスリートってやっぱりすごいと思います。ドラマとか映画の撮影とはまたちょっと違った感覚ですね。

――目標はあったんでしょうか?

100km超えを目指していたので、良かったなと思います。練習の時に、マウンドから投げると高さがあるからズレが生じて投げづらいよというアドバイスをもらいました。でもマウンドに立った時に全部飛んじゃいましたけどね(笑)。111kmという結果には、自分でもビックリしています。

――ナゴヤドームの印象は?

父に初めて野球に連れて行ってもらったのがナゴヤドームですし、野球以外にもイベントに参加したことがあります。また、高校の通学路がナゴヤドームの横を通るコースだったので、思い入れがあります。

――ドラゴンズの選手にエールを

勝ち進んでいって、クライマックスシリーズや日本シリーズで見られると嬉しいです。是非頑張って頂きたいし、そしてまた投げさせて欲しいです(笑)。今度はもっと練習して、次回は120kmを出したいですね。

――祖父江投手と話をしていましたが、どんな話をされたんですか?

高校の先輩ということで、わざわざご挨拶に来てくださいました。始球式頑張ってと言われたので、祖父江さんも試合頑張ってくださいと激励しあいました。

――第7話の見どころを

本当に今までで一番盛り上がる回だと思います。疑心暗鬼がピークに達した同級生3人が、過去の闇まで背負って対峙している様が、すごく面白いですし、なかなか衝撃的な事が起こる回なので、心して見て頂かないと、眠れなくなっちゃうんじゃないかと思います。

次回 12月5日(土)よる10時 第9話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。先週第8話で登場した、失踪した望美(柴咲コウ)が暮らす「色のない部屋」。これは、ドラマのキーアイテムである本『モモ』に出てくる「灰色の男」をイメージした場所。『モモ』では、

ページトップへ
Twitter Facebook