7月9日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)には、奈良で大人気の「kakigori ほうせき箱」の店主・岡田桂子が登場。色とりどりのかき氷を求め、連日多くの客が訪れる店で奮闘する、彼女のセブンルールに迫る。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高本谷有希子YOU若林正恭オードリー)。

“氷の聖地”とも呼ばれる古都・奈良市。純度の高い氷が手に入る土地柄もあり、中心地には40軒以上のかき氷屋が軒を連ねる。そんな激戦区で、一際人気を集める店が「kakigori ほうせき箱」だ。

店主の岡田は34歳の時に起業し、台湾茶の輸入販売を始めた。「かき氷が元々好きだった」と言い、「仕事で扱っていたお茶を使ってかき氷を作ったことがきっかけ」となり、4年前にかき氷専門店をオープンした。通年営業としてスタートしたが、当初は秋・冬の売り上げが伸びず、「茶がゆ」や「モーニング」を出していた時期もあるという。試行錯誤を重ねた結果、インスタグラムで評判が広まり、一躍人気店となった。

一日限定300杯。季節ごとに入れ替わる色鮮やかな一杯を求め、開店前から長蛇の列が出来、午前中には整理券が無くなることもある。15名のスタッフを抱えるまでに成長した店舗は、多くの客に愛されている。経営が軌道に乗り、去年、店舗を拡大するために店を移転した。その矢先、最愛の父が病に倒れた。父の願いをかなえるために岡田が起こした行動とは? 更に、「奈良に来る目的の一つが“かき氷”であればいい」と、さまざまな願いを込めて奮闘し続ける彼女のセブンルールに迫る。

昨今の“かき氷ブーム”について、スタジオで「かき氷を並んで食べるのは分からない」(本谷)など、口々に疑問の声を上げる出演者達。そんな中、スタジオに出された「ほうせき箱」のかき氷を食べた本谷を始め、出演者達の反応は? また、若林が後輩からアドバイスを求められる時に○○を送り付けられて困惑する、という話に、一同は納得する。果たして若林は、何を送り付けられるのか?

東日本大震災10年を機に民放キー局5局とNHKが防災プロジェクト参加特別番組『NNN未来へのチカラ ミヤネ屋×every.×zero×バンキシャ!特別版』が、日本テレビで3月11日(木)13時55分から放送。このほど、参加する4番組のキャスターたちがコメントを発表した。

ページトップへ
Twitter Facebook