武田真治/山寺(田中圭)の先輩・日比野晃役 © (C)フジテレビ

ドラマ、映画、舞台、バラエティ、音楽とマルチに活躍する武田真治が、2019年7月17日(水)よりFOD(フジテレビオンデマンド)で配信開始されるオリジナルドラマ『不倫食堂』(毎週水曜24時に最新話を配信)第2期で、主人公を務めることがわかった。2018年3月に配信が開始された第1期では、田中圭が主人公・山寺隆一を演じており、今作で武田は、山寺の会社の先輩・日比野晃として登場する。

本作は、山口譲司原作の漫画「不倫食堂」(集英社 グランドジャンプ連載中)をドラマ化したもので、地方に出張に赴いた主人公が、ご当地グルメを堪能していると、たまたま同席した人妻といつの間にか肌を重ねてしまう“グルメ×官能美”という1話完結型のストーリー。

山寺(田中)が主人公で展開した第1期は、配信のみでだったにも関わらず、多くのユーザーがFODプレミアム会員への登録したきっかけとして本タイトルを挙げるなど注目を集めた。配信開始から1年以上経った今でもその人気は衰えず、第2期は、山寺の会社の先輩・日比野(武田)が主人公で、ドラマを彩る人妻役は、おのののか中別府葵黒澤ゆりか永尾まりやが演じる。

第1話は、長野県上田市の「美味だれ焼き鳥(おいだれやきとり)」を紹介。日比野が、仕事終わりにお目当ての立ち飲み屋で名物の「美味だれ焼き鳥」を堪能しようとすると、たまたま隣り合った人妻・奈々子(おの)が食べ方をレクチャー。焼きたての串を、コップに入ったにんにく醤油ベースの“美味たれ”にたっぷりと浸して食べる「美味だれ焼き鳥」の美味しさもさることながら、奈々子のたれをつける滑らかな手つきや、焼き鳥を味わう妖艶な表情に日比野は魅了され……。

第2話以降は、埼玉県秩父市の名物「ずりあげうどん」とヒロインの好江役として中別、島根県松江市の「鯖しゃぶ」と仁美役として黒澤、そして広島県広島市の名物「ホルモン天ぷら」と美乃役として永尾が登場する。

ご当地グルメに感動する主人公の姿と、人妻が時に豪快、時に繊細に食べる所作が、ドラマに登場する料理の美味しさに“官能的な”スパイスを加える本作。今回の出演に関して武田は、「何年かに一度出逢ってしまうトンデモないドラマです。あなたのすべての欲を刺激します」と意気込みを。また、番組後半で披露されるという彼の“鍛え抜いた肉体美”にも注目が集まる。

4月5日(日)より、新番組「四月一日(わたぬき)さん家(ち)と」(毎週日曜深夜1時35分)がスタート!【みどころ】昨年放送されたバーチャルYouTuberドラマ『四月一日さん家の』(読み:わたぬきさんちの)の2期作品です。バーチャルYouTuber(VTuber)を起用した連続ドラマは新しい試みとして話題となり、スピンオフを描いたボイスドラマやライブイベントなど、放送終了後も作品世界を広げ続けてきました。出演者は、前作から引き続き、ときのそら、猿楽町双葉、響木アオに加えて、新レギュラーメンバーと

ページトップへ
Twitter Facebook