7月8日からスタートする次期“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~ ※初回30分拡大)で、検査技師の高橋涼介役を演じる俳優の中尾明慶が、同局で6月24日の21時から放送される『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』にも、同じ役で出演することがわかった。

今回、中尾が出演するのは、6月17日に最終回を迎えた窪田正孝主演のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の特別編。中尾は、上野樹里主演のドラマ『監察医 朝顔』に登場する検査技師の高橋として、窪田演じる五十嵐唯織ら、放射線技師たちのいる“ラジエーションハウス”に姿を見せる。まさに、月9のクールを超えて、技師と技師とのコラボレーションが実現する形となった。

『監察医 朝顔』は、上野演じる新米法医学者の万木朝顔と時任三郎演じる朝顔の父でベテラン刑事の万木平が、“解剖”と“捜査”の両面から死因の分からない遺体に秘められた真実と生きた証を探し出し、残された人たちの心を救う様を描くヒューマンドラマ。中尾演じる高橋は、検査技師として解剖の補助や臓器の病理検査を行い、朝顔たち法医学者を縁の下で支えるという役どころ。性格は明るく天真爛漫で、周囲から愛され、時にイジられることもあるキャラクターだ。

『ラジエーションハウス』の撮影現場に入った中尾は、スタッフから「高橋涼介役の中尾明慶さんです!」と、大きな拍手とともに紹介され、少しはにかみながらも、「よろしくお願いします!」と元気よくあいさつ。まずは撮影するシーンのリハーサルが行われ、「フーッ」と大きく息を吐き、気合を入れてそのシーンに挑んでいた。

撮影を終えた中尾は、もともと『ラジエーションハウス』を見ていたことを明かし、「撮影現場に入ると“あ、テレビで見たセットだ!”と、一視聴者としても、うれしかったですし、こういった機会はなかなかないので、すごく新鮮でした」と心境を吐露。そして、「撮影が始まる前は、どんな現場なんだろう、と少し汗ばんでいたのですが(笑)、出演者の方もスタッフの方も笑顔で迎えてくださり、本当にステキなチームで楽しかったです」と笑顔を見せた。

また、今回のクロスオーバー出演については、「皆さんが楽しんでご覧になっている『ラジエーションハウス』で、僕が演じる高橋という役が、どういった形で登場し、どのように絡むのか。一瞬、どこに出ているんだ? と思われるかもしれませんが、ぜひ見つけて欲しいな、と思います」とコメント。

そして、「高橋はこういうキャラクターなんだな、と知っていただけるように、短い間の撮影でしたけど演じさせていただきました。高橋から少しでも『監察医 朝顔』の魅力を感じていただき、『ラジエーションハウス』から引き続き『監察医 朝顔』をご覧いただけたら、本当に幸せです」とアピールした。

果たして、中尾演じる高橋は、“ラジエーションハウス”の面々とどんなやり取りを繰り広げたのか。すべては24日放送の『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』で明らかになる。

離婚に向けた活動(離婚活動)をテーマとした、北川景子と永山瑛太によるドラマ『リコカツ』(TBS系)の第5話が、5月14日に放送された。 前回、友人・知人を集めた誕生パーティで、夫の同意のないまま、みんなの前で離婚宣言した咲(北川)の母・美土里(三石琴乃)。本格的に離婚に向けて動き出した両親にショックを受け、涙を流す咲に、紘一(永山)は突然「離婚はやめよう」と言う。 やり直すことを決めた二人にとって...

ページトップへ
Twitter Facebook