ハグを交わす窪田正孝と本田翼

6月17日に最終回が放送される『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)で、主演を務める窪田正孝本田翼がこのほどクランクアップを迎えた。

同ドラマは、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

本田が唯織の幼なじみで放射線外科医の甘春杏を演じるほか、広瀬アリスが新人放射線技師の広瀬裕乃を、劇団EXILE鈴木伸之がイケメン整形外科医・辻村駿太郎、“ラジハ”のメンバーを遠藤憲一山口紗弥加浜野謙太丸山智己矢野聖人が演じる。

番組全体のオールアップとなる最後のシーンを撮り終え、「このシーンをもちまして、甘春杏役の本田翼さん、オールアップです!」の声があがり、本田は拍手に包まれた。本田は「3か月があっという間に終わってしまいました。今回、スタッフさんやキャストの方々に温かい方が多く、現場に来るのがすごく楽しかったです。撮影も大変な中、皆さんがいつも明るくて、常に笑顔でいてくださったのでそれに救われました。本当にありがとうございました!」とあいさつ。

続いてスタッフから「五十嵐唯織役の窪田正孝さんもオールアップです!」という声があがると、現場のボルテージが最高潮に! 拍手と大歓声に包まれる中、窪田は「“月曜よる9時”というのは、ドラマとして一番注目されている枠だと、身をもって感じました。それぐらい注目されている伝統あるドラマ枠なんだな、と改めて思いました。みんなでわちゃわちゃしながら撮影する中で楽しい瞬間がたくさんありました。“ラジエーションハウス”は最高のチームでした! 皆さん、本当にお疲れ様でした!」と感謝の思いを述べた。

今回公開された写真の中には、窪田と本田のハグショットも。当初は唯織の存在を煙たがる杏だったが、最後に2人の関係はどうなるのか、必見だ。

現在放送中のドラマ『時効警察はじめました』。同作のシリーズ初公式LINEスタンプが10月17日(木)に発売される。 時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)のスタンプはもちろん、霧山とともに未

ページトップへ
Twitter Facebook