様々なジャンルで活躍するアーティストと音楽の関係に迫る番組『人と音楽』(フジテレビ系)が、6月11日(火)の25時55分から放送される。今回は、5人組ロックバンド・サカナクションのフロントマン・山口一郎が登場。山口の音楽的なルーツや考え方を紐解いていく。

この番組は、アーティストたちの普段聞いている音楽をフィーチャーし、その音楽からアーティストたちがどんな影響を受け、どんな音楽観を形作っていったのかに迫るドキュメンタリー。初回を飾ったDEAN FUJIOKAに続く、第2回目は、サカナクションでボーカルとギターを担当する山口と音楽の関係性を深掘りしていく。

番組ではまず、愛知県蒲郡市で開催された野外イベント「森、道、市場2019」内の企画「NF #12-Sauna Camp-」をプロデュースする山口の1日に密着。この企画は、会場内に「テント型のサウナ」を設営し、音楽を聴きながら観客たちにサウナを楽しんでもらうというもの。6月19日にサカナクションのニューアルバム「834.194」のリリースを控える山口が、なぜこの企画をプロデュースしたのかを打ち明ける。

他にも、自身の音楽のルーツについても赤裸々に告白。音楽好きの両親が喫茶店を営んでいたこともあり、幼いころから音楽に触れあってきた山口だったが、最初に興味を持ったのは、音楽よりも文学だったという。美しい文学の世界を友人と共有できずにいた山口は、ある時、同級生の男子が歌を口ずさみ、その歌を他の友人たちが瞬間的に覚えたことで、「自分が美しいと思った言葉を音楽にすると、みんなに覚えてもらえるのかな、と思ったところから音楽を始めた」と振り返る。

また山口は、実家の喫茶店に来ていた流しのミュージシャンでフォークシンガーの友部正人に多大な影響を受けたことを明かす。山口は、「友部さんが歌う曲に感動したんです。子供だから大人が真剣に歌っている姿を見て、恥ずかしいっていう気持ちにもなったんですけど、生で見た時に、“大人が大人を感動させようとしている”っていう、リアルに僕は憧れました」と、その衝撃を伝える。

さらに、高校時代の「みんなが好きな音楽を好きとは言いたくない」という思いとメジャーになってしまったサカナクションとの葛藤や、現在、「注視している」という若手アーティストなど、山口の音楽にまつわる様々なトークが展開。そして、番組の最後には、「山口一郎にとって音楽とは?」という問いに対して、一つの答えを提示。「チャートだけじゃない音楽がある」という山口の今の音楽観が明らかになる。

村尾信尚(関西学院大学教授)がメインキャスター、池谷亨(テレビ東京 チーフコメンテーター)がキャスターを務める『マネーのまなび』(BSテレ東、毎週木曜22:00~)。4月15日の放送は、デジタル投資の入口「スマホ証券」などにスポットをあてる。

ページトップへ
Twitter Facebook