5月27日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系、毎週月曜19:00~)は、ももいろクローバーZ百田夏菜子佐々木彩夏玉井詩織高城れに)と純烈酒井一圭後上翔太白川裕二郎小田井涼平)が登場。『NHK紅白歌合戦』への出演経験を持つ大人気のアイドル同士が、常識力クイズで激突する。

今回、『ネプリーグ』初登場となる純烈と、3回目の参戦となるももいろクローバーZ。様々な6文字の言葉を6人で完成させる1stステージの「ハイパーファイブリーグ+」では、純烈のリーダー・酒井が「(ネプリーグは)『紅白歌合戦』に出ているより子供の評価が高いです!」とやる気を見せる。しかし、あるメンバーが足を引っ張ってしまい、対戦相手の百田は、「勝負にならないですね」と挑発。一方で、佐々木は、日本史に関する問題に一人だけ正解して、喜びを爆発させた。

常識的な日本語に関する問題が出題される2ndステージの「日本語ツアーズバギー」では、純烈が巻き返しを図り、お互いにフォローし合いながら大量得点を狙う。対する玉井は、憧れだった乗り物に乗れるとあって、テンションアップ。他のメンバーもノリノリでポーズを決めながら余裕の表情を浮かべるが……。

3rdステージは10個以上解答がある常識問題を制限時間内に答える「ハイパーボンバー」。酒井は「全問正解してプレッシャーをかけるのみですよ!」と広言。百田は、以前出演した際にトップバッターで答えられなかったというトラウマがあり、今回はトラウマ払拭のためリベンジを誓う。

大人気アイドルたちの“常識力”が白日のもとに晒されるクイズ対決。果たしてどちらが勝利をもぎ取り、ボーナスステージのトロッコアドベンチャーへと進むのか。勝敗の行方は放送で明らかになる。

また、今回はももいろクローバーZの4人から収録後のコメントが到着。印象的だったステージや、対戦相手の純烈について語ってくれた。

ーー収録の感想をお願いします。

百田:今回が3回目の出演なんですよね。『ネプリーグ』といえば前回出演時のトラウマが大きいので、今回の出演が決まった時から“やばい! 入ったぞ!”と思ってました(笑)。みんなが私をすごく心配してくれてて。皆で問題を出し合って練習もしました。ライブの合間とかにもやってきたので。

佐々木:なんか……大会の前みたい。

玉井:誰もそんな意気込みでやっているなんて思ってなかった(笑)。

百田:それぐらいの意気込みで参加したので(笑)、今日は練習の成果が出てるかなと思います。

高城:クイズ番組って苦手意識が強くて、大丈夫かなと思ったんですけど、楽しくできました。純烈さんと音楽グループ同士の常識クイズ対決ができて楽しかったです。あと、“林先生、すごいな”と思いました! 実は、カメラが回ってないところで“林先生の夏期講習に行かせてください!”とか、“私に個別に勉強教えてください!”と申し出たんですけど、その……教えてもらえるまでに私が達していなくて……!

百田:すべて断られてました。

高城:“お断りします”とやんわり言われてしまい……(笑)。また出直してきます!

玉井:クイズ番組を見るのが大好きで、これまでの『ネプリーグ』も視聴者として答えてました。でも、いざあのセットに立ってみると、普段分かるはずの問題もすごく緊張しちゃって……全然出てきませんでした。もし次回出られるのなら、もうちょっとスタジオの様子を想像しながらイメトレしようと思いました。印象に残ったステージは、“日本語ツアーズバギー”ですね。3回目の出演で、初めて挑戦しました。あの乗り物に乗るのが憧れで。そう、あのバギーに乗ってみるのが楽しみだったんです(笑)。

佐々木:純烈さんと対決って聞いて、“やばい!”大人の男性チームということで“頭良さそうだな”と思ってドキドキしてたんですけど、そんなこともなくて(笑)、いい勝負ができたんじゃないかなと思います(笑)。あと、(「ハイパーファイブリーグ+」での)とある“日本史に関する問題”で……

玉井:分からなかった、あれ!

佐々木:私一人だけわかったのが嬉しかったです! 正解できたら勉強できる風な問題でしたよね!?(笑)。

ーー視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

百田:すごくいい戦いができたと思ってます。純烈チームさんといい試合ができて、逆に仲良くなりました。そんなオンエア全体の雰囲気も、楽しんでいただけるんじゃないかと思います!

より良い音楽を作り出すため、独自にこだわり抜いた機材や設備を投入しているアーティストたちの仕事場。2019年1月放送の『関ジャム 完全燃SHOW』では、寺岡呼人が異常なこだわりを詰め込んだプライベートスタジオを披露して話

ページトップへ
Twitter Facebook