兄弟の二役を演じきった藤ヶ谷太輔

藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)主演の東海テレビとWOWOWの共同製作ドラマ『ミラー・ツインズ』(Season1は東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~/Season2はWOWOW、6月8日スタート、毎週土曜22:00~)のSeason1「復讐篇」が、5月25日(土)の放送で最終回を迎える。この度、最終回を前に主演の藤ヶ谷からコメントが到着した。

本作は、警視庁捜査一課の刑事・葛城圭吾(藤ヶ谷)が、20年前に起きた誘拐事件によって離れ離れになってしまった双子の兄・勇吾(藤ヶ谷/二役)と、存在意義をかけてぶつかりあう心理サスペンスドラマ。

最終回では、衝撃的な事実を知った圭吾に対し、皆川(高橋克典)がすべての真相を語り始める。誘拐事件の真相が明らかになり、勇吾は自分自身の復讐心にどう決着をつけるのか。さらに、そんな兄を追い続ける圭吾は、兄弟の絆を取り戻せるのか。数奇な運命に翻弄された宿命の双子の結末がついに描かれる。

最終回を前に、Season1のすべての撮影を終えた藤ヶ谷は、「双子役ということもあり、Season1は撮影のボリュームもあって、“あ、終わったんだ”というのが正直な感想です(笑)」と振り返り、「勇吾も圭吾も辛い状況でストーリーも重かったので、結構気持ちの面でしんどかったんです」と正直な気持ちを吐露。一方で、ストーリー自体に魅了され、引き込まれていったことを明かし、「『ミラー・ツインズ』の現場にいられることがうれしくて。自分は演技をすることや、芝居の現場にいることが好きなんだって改めて実感しました」と、喜びを語った。

また、最終回については、「勇吾と圭吾のラストシーンは台本を読んだ時から、この壮大な場面をどう映像化するのか楽しみでした」とコメント。撮影に入る前に、監督からロケ現場の写真を見せてもらい、ラストシーンの撮影プランを聞いていたそうで、藤ヶ谷自身も自分なりのプランを提案。藤ヶ谷は、「(プランを)監督に伝えたところ、“それもいいね”と言ってくださって。Season1は本当に、現場のみなさんと一緒に力を合わせて作れたなって実感しています」と、スタッフへの感謝を伝えた。

そのラストシーンの撮影では、「同時に2役を演じなければならなかったので、気持ちを持続させるのが難しかったです。ただ、そんな中でも圭吾としての心境は特に考えました。勇吾に刑事として声をかければいいのか、そこに弟としての気持ちをにじませていいのか」と演技に悩んだことも告白。藤ヶ谷は、「第1話から大ドンデン返しの連続でしたけど、最終回はSeason1の着地点がどうなるのか、そこを見て頂きたいです」とアピールしつつ、「撮り終わった今、僕は“こういうことが双子の性ということかも”と感じています」と現在の素直な心境を語った。

最後に、これまで全話の放送をリアルタイムで見ていたことも明かし、「最終回もリアルタイムで一視聴者として楽しみます。僕と一緒にドキドキして頂けたら嬉しいです」とメッセージを伝えた。

ページトップへ
Twitter Facebook