高橋海人(King & Prince)

5月22日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)は、1964年に放送開始しその後47回にも渡って続いた『新春かくし芸大会』を特集する。

毎年お正月の風物詩として親しまれ、1980年元日放送の回で最高視聴率48.6%(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)を獲得した同番組。そんな『かくし芸大会』の目玉のひとつが、その時代の若きトップアイドルたちがまさに体を張った演目に挑戦するというもの。今回のスタジオゲストである高橋海人King & Prince)の先輩であるジャニーズのアイドルたちも、もちろん多数出演していた。

シブがき隊の3人は「空中ブランコ」に挑戦(1987年)。その前年、1986年には少年隊の3人は竹馬を使った高難易度の曲芸にチャレンジしていた。さらに、田原俊彦はファイヤーダンスを披露(1985年)。顔面に炎が直撃するというハプニングがありながらも、そのまま演技を続け、最後は“火を舐める”芸までやってのけた。

そのVTRを、驚きの表情を浮かべながら見ていた高橋は、MCの梅沢富美男に「どう? 高橋くん、火を舐めるんだよ」と話を振られると「よくジャニーさんとお会いする時に、今の子たちはもっと体張った方がいいって言われてて。昔のジャニーズはすごかったんだからって。オファーが来たらやろうかなって思うけど、自分の口からは(やりたいとは)絶対に言わない(笑)」と、少々及び腰の様子。

また、スタジオゲストとして登場するマルシアのブチギレ事件も取り上げる。「もうお金(出演料)とかの問題じゃなくて、私にとっては命よりも……」と、とにかく毎年“かくし芸”に命をかけ続けていたマルシア。2001年に披露した演目「東京サルサ」の際も、血のにじむような練習を経て、ほぼ完璧に近いパフォーマンスを披露した。高得点が期待されたが、結果は予想外のものに。どうにも心の収まりがつかないマルシアは、怒りをこらえながらそのままスタジオを飛び出してしまった。「ん〜納得いかないし、なんで44? って(50点満点中)。かなり低いですね。なかなか出ないぐらい低い」と、その時の心境を振り返りながら語るマルシア。すると、当時の審査員のひとりがスタジオに登場! 衝撃発言にスタジオがどよめく。

そのほか、体を張ったチャレンジを見せた近藤真彦、まさにスタントマン顔負けの吉田栄作、17歳当時の初々しい宮沢りえ、「インディージュンズ」をはじめとした、井上順の名物“パロディドラマ”シリーズ、スタジオゲストの中山秀征のハイレベルな数々の技、そして“Mr.かくし芸”堺正章の伝説の妙技など、秘蔵映像が次々登場する。

先生と会いたい芸能人が自らの手で探し出し、ガチで居場所を突き止める「先生、、、どこにいるんですか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~」(毎週金曜夜6時55分放送)。今回は10月11日(金)の放送から、俳優・加藤雅也が芸能界に進む時に、背中を押してくれた恩師を探す模様を振り返る。「お金を払ってでも勉強しろ」芸能界入りを悩む加藤への言葉俳優の加藤雅也(56歳)が、今、どうしても会いたいのは、35年前、大学のゼミでお世話になった助教授、蝶間林利男先生。比較的歳が近かったこともあり、「先生とい

ページトップへ
Twitter Facebook