馬場ふみか

『パパ活』『彼氏をローンで買いました』に続き、社会派ドラマの巨匠・野島伸司が脚本を手掛けたFOD(フジテレビが運営する動画配信サービス)のオリジナルドラマ『百合だのかんだの』の配信が、5月23日(木)24時からスタートする。主人公の女子大生・篠原百合を演じるのは、映画・ドラマへの出演が続く女優・馬場ふみかさんだ。

ストーカーに悩まされている百合は、引っ越し先を探すために訪れた不動産会社で、小学校の同級生である二宮海里(小島藤子)と偶然再会。喜ぶ百合だが、海里のハグの長さや言葉の節々に違和感を覚えながらも次第に翻弄され、友情とも愛情ともわからない気持ちに心を支配されていく。

野島脚本だけに最後まで目が離せない展開が続く本作で主演を務めた馬場さんに、撮影エピソードや作品の見どころなどを語っていただきました。

――物語では、女性同士の友情なのか恋愛なのか……というシーンも登場しますが、出演へのためらいはありましたか?

脚本を読んで、野島さんならではの独特なセリフ回しや、言葉使い、展開にワクワクしました。こんな面白い脚本に出演できるなんて……という思いで、迷いなどはまったくなかったです。

――馬場さんが演じた百合という女性にはどんな印象を持ちましたか?

とてもまっすぐな女の子だなと。一方で、周囲の言葉一つひとつに左右されセンチメンタルな気持ちになるなど、繊細な部分もある。これまで私が演じたことがないタイプの女性なので、すごく演じることが楽しみでした。

――演じるうえで意識したことは?

百合は基本的に相手の言動に対して感情が出るタイプの女の子なので、あまり自分で役を作るのではなく、相手のお芝居をしっかり受け取ろうという意識が強かったです。その意味で、海里役の小島さんや、教授役の石黒賢さんには助けられました。

――小島さんとはかなり際どいシーンもあり、対峙する場面が多かったですが、演技についてなにかお話はされましたか?

特に演技のことを話すことはなかったのですが、セリフの量が膨大だったので、時間があれば、二人でセリフの読み合わせをしていました。

――野島さんの脚本は独特のセリフ回しが多いですよね。

特徴的でしたね。普段の会話では文法なんて意識して話さないのですが、それでも個性的な言い回しなどはすごく難しかったです。とにかくト書きがなくセリフがびっしりの脚本。これをどうやって映像化するのか……というのがすごく興味深かったです。

――愛情なのか友情なのかという百合と海里の関係性についてはどんな感想をお持ちですか?

私自身、仲のよい女の子の友達との距離が近いので、理解はできました。

――小島さんとはキスシーンもありましたね。

脚本を読んだとき「どう撮るんだろう」というシーンもありましたが、普段から仲のよい女友達とノリでキスをしたり、手を組んで歩いたりというのは割とカジュアルにできるので、そこまで抵抗はなかったです。実は、柳英里紗という友達の女優がいるのですが、彼女の短編映画『VERY FANCY』で女性同士のキスシーンはやっているんです。

――海里は百合のために、本当に心からの友達ではないと思う人間を選別し、過激な方法で排除しようとしますよね。

あれはファンタジーじゃないですかね(笑)。私の周りは平和主義者の集まりなので、海里ちゃんのような強引な女の子はいませんね。でもすべての行動が百合の幸せのためというのは、すごく嬉しいですし、そういう相手と出会えたというのは(百合は)幸せなことなんだなと思いました。

――小島さんとのお芝居はいかがでしたか?

すごい女優さんだなと思いました。これまでの小島さんのイメージと海里ちゃんってまったくリンクしなかったのですが、本当に海里ちゃんになっていました。現場でもすごく引っ張ってもらいました。とても素敵な方で、またご一緒したい女優さんです。

――百合の彼氏は、ある意味でとてもヘタレ男子でした。

財木琢磨さんが役にハマっていましたね(笑)。デブオタだった彼を、食事の管理までして痩せさせて、イケメンになったら他の女の子にちょっかい出すみたいな……。私だったら絶対お付き合いはしないんですけれど、百合は愛情深いなと思って演じていました。

――馬場さんが人を好きになるポイントは?

ブレない人かな。私の周りにいる大好きな人たちは、すごく一本筋が通ったような強い意志を持っている方が多いですね。そういう部分は惹かれます。

――馬場さん自身にも芯の強さはありますか?

どうなんだろう、頑固ではあると思います。でも、いい意味でそこまでこだわりを持つタイプではないんです。お仕事でも割と人の話は聞くタイプです。

――出演作が続いていますが、お芝居の魅力は?

終わりがないことですかね。これまで納得いかないことがあっても、どちらかというと「まあいいや」と思える性格だったのですが、お芝居では結構突き詰めていってしまいます。現場で、ごくまれに自分と役柄が完全に同期する瞬間があるんです。その感覚は忘れられないですね。

――百合は巻き込まれる女の子で、海里は巻き込むような激しい女性。海里をやってみたいと思ったことは?

面白そうだとは思いましたが、メッチャ大変だなとも思います。いつか海里ちゃんみたいな役を演じる機会があったら、そのときは小島さんのお芝居を思い出そうと思います。

――どんな役柄でもチャレンジしたい?

馬場ふみかにこの役をやらせてみようと思ってもらえることが嬉しいです。どんな役でも貪欲にやっていきたいです。

――具体的にはなにかありますか?

制服を着たいですね。これまで制服って『お前はまだグンマを知らない』というドラマで1回しか着たことがないんです。そろそろきつくなってくる年頃なので、早く着たいのですが、女子高生が出ている作品でも、そうじゃない役が多くて……。ここまでくると「お前には制服は着させない」という強い意志を感じますね(笑)。

――見どころが多い作品ですが、どんな部分に注目してほしいですか?

作品を最後まで見ていただくと百合と海里の関係性が良くわかると思います。人と人には、いろいろな関係があるんだなと実感しました。かしこまらずラフな気持ちで見ていただけると、すごく楽しめる作品だと思います。

(取材・文・撮影:磯部正和)

トップス¥26389/SSENSE(Tibi)
ワンピース¥49000/ブランドニュース(メドモワゼル)
ネックレス¥14000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー)
その他スタイリスト私物

協力店リスト
ブランドニュース03-3797-3673
SSENSE www.ssense.com
メゾンソワリー堀江店 06-6586-9366

この記事のライター

磯部正和

雑誌の編集、スポーツ紙を経て映画ライターに。基本的に洋画が好きだが、仕事の関係で、近年は邦画を中心に鑑賞。本当は音楽が一番好き。不世出のギタリスト、ランディ・ローズとの出会いがこの仕事に就いたきっかけ。

現在、“売れているアイドル”の定義はとても多様化していると言える。 たとえば、テレビ露出は一切せずとも、twitterやInstagramのアカウントに数万人のフォロワーがつき、人気に火がついているアイドルがいる。 ある

ページトップへ
Twitter Facebook