松坂桃李主演ドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)のスペシャルイベント「パーフェクトワールド SPECIAL NIGHT」が、5月20日に豊洲PITで開催。主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田将暉が、イベント開始前に囲み取材に応じた。

同ドラマは、不慮の事故で突然車いす生活を送ることになった建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていく姿を描いたラブストーリー。米津玄師作詞・作曲・プロデュースによる主題歌は、配信翌日に各配信サイトで1位を獲得。デイリーチャート32冠を達成するなど大ヒットとなっている。

松坂と山本をはじめ、瀬戸康史中村ゆり木村祐一によるトークショーのほか、菅田が「まちがいさがし」を生歌で初披露する本イベント。開演を控えた菅田は「こんな形でドラマに関わることはあまりないですし、(主演は)桃李くんですし、米津くんが作ってくれた曲ですし。初めて披露するので緊張感もありますが、楽しみです」と意気込みを。あまり練習ができていないと明かすも、「初めて歌う場に、桃李くんがいるっていうのもストーリーがあっていいな」と、ふだんから交流のある松坂とのイベント共演を喜んだ。

先に行われたキャスト囲み取材の際、瀬戸が「主題歌に背中を押されて泣いている」と話していたことが伝えられると「俺もオンエア見ながら泣いてるんですよ。いいですよね~」としみじみ。「でも、そう言ってもらえて、安心しました。出演者として主題歌や音楽は大事だと重々体感している身なので、物語の邪魔にならず、背中を押したり、寄り添えるものになればと思っていたので」と安堵の表情を浮かべ、とくに泣いたシーンについて聞かれると「雨の中のシーンですね。でも、どうやら5話がヤバそうっていう噂なので、楽しみです」と、今週の放送回(5月21日)に期待を寄せた。

また囲み取材前に合同で行われたフォトセッション時、菅田と松坂はなにやら会話をしていた様子。その内容について問われると、「今日、どうしたらいいですか? って聞いたら、(無表情で)『ハハッ』と流されました。先輩って厳しいですね」と笑顔を見せた。また、「(物語に登場する犬の)チャコかわいい?」って聞いたら「大きくなってるよ~って」と、イベント前の和やかな会話を明かしていた。

最後に、「桃李くんは先輩ですし、同じ事務所のファミリー。でも、その中でもほかの先輩とは違う距離感。兄弟でもないしライバルでもない。でも、兄弟でもあるしライバルでもあるし……不思議な関係ですね」と、えも言われぬ松坂との関係性を覗かせた菅田。そんな松坂を前に歌うことについて「素直にやるしかない。まっすぐに米津くんが作ってくれたメロディと歌詞を丁寧に」とコメント。観客に対しては「なにか一個、伝わればいいな。『まちがいさがし』の“言葉”がちゃんと伝わるように、メロディをたどっていきたいですね。自然と気持ちは付いてくるものなので。鮎川くんと川奈さんを想像しつつ、いつの間にか自分のことを振り返っているような時間になればうれしい」と語った。

11月13日(水)に放送される『徹子の部屋』には、柳生博が登場する。 俳優の柳生は、ことし82歳。『やすらぎの刻~道』でおよそ20年ぶりに連ドラ出演したばかりだ。 40年前に妻と子ども2人と八ヶ岳に移住。荒地を家族で開墾

ページトップへ
Twitter Facebook