松坂桃李、菅田将暉

松坂桃李主演ドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)のスペシャルイベント「パーフェクトワールド SPECIAL NIGHT」が、5月20日に豊洲PITで開催。イベント開始前に、松坂をはじめ山本美月瀬戸康史中村ゆり木村祐一が囲み取材に応じた。

有賀リエの同名コミックを原作にした同ドラマは、不慮の事故で突然車いす生活を送ることになった建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていく姿を描いたラブストーリー。菅田将暉が歌う、米津玄師作詞・作曲・プロデュースによる主題歌「まちがいさがし」も大きな話題を呼んでいる。

この日は、出演者による撮影秘話や恋愛ネタなどのスペシャルトークのほか、菅田が主題歌を生歌で初披露。松坂は「物語的にも(次回の)5話が自分の中で“第一章完”というところがあるので、その盛り上がりと熱量を伝えられたら」と力強くアピールした。

一方、山本はドラマの中とは違う素のキャストたちを見てほしいといい、「長沢さん(を演じる中村)は、本当はいじわるじゃないよ」とニッコリ。「ありがと~」と返す中村は、「(今日は)菅田くんの歌が、贅沢で楽しみです」と菅田のパフォーマンスに期待した。

ここで、木村が「ライブということで、会いに行ける俳優として売り出していこうと思う」と真顔で語り出し、瀬戸も「そういうスタイルでやっていくんですね」とのっかるなど、息ぴったり。その後も、木村のトークは止まらず、「ライブがうまくいったら、最終話は生で放送したいと思う」「実はもう、映画化が決定している」とジョークを連発。松坂も身を乗り出すようにして、「また映画化!?」などと笑いながらツッコミを入れていた。

また、主題歌について松坂は「初めて聴いた時に、作品にぴったりだなと思いました。『まちがいさがし』のタイトルや歌詞が、作品の世界観をすごく表しているなと。かつ、そこに菅田の感情がのることによって、より世界観が歌声と共に伝わってくる感じがする。どのタイミングで歌が入るか、毎週楽しみにしています」と感慨深げ。山本もそれに共感し、「歌詞が“パーフェクトワールド”だなって。台本を読みながら、このシーンでかかるのかなって想像したりしています」と打ち明けた。

さらに瀬戸は「(役柄では)気持ちを押し殺して生きているので、菅田くんの感情的な歌い方がめちゃくちゃ沁みて、一人で完パケを見て泣くのがイヤなんですけど……あの歌に背中を押されて涙が出ますね」と告白。これには松坂も「そうそう!」と大きく頷き、同調。「音楽の効果は絶大。僕らも安心感もある」と同曲を絶賛した木村は、松坂に対して「菅田くんと、めっちゃ仲良しなんでしょ?」と突然の質問を。これには「同じ事務所です」とクールに答えた松坂だったが、「菅田の歌声は、毎年事務所の忘年会で聴くんです。今回は一足先に生で聴けるので、自分としてはお得な気分ですね」と、友人ならではのコメントを残して笑顔を見せた。

仙道敦子が、反町隆史が主演するドラマBiz『リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の第6話(8月26日放送)と最終話(9月2日放送)に、老人介護施設「株式会社つむぎの丘」代表取締役社長・早川菜津子役でゲスト出演する。反町演じる主人公・村越誠一に弁護士人生最大の危機が訪れる。

ページトップへ
Twitter Facebook