長澤まさみ主演の劇場版『コンフィデンスマンJP』が5月17日(金)に全国公開される。このワールドプレミアが8日、都内で行われ、主演の長澤ほか、共演者の東出昌大、小日向文世、小手伸也、織田梨沙、竹内結子、三浦春馬、江口洋介、本作のメガホンをとった田中亮監督が登壇、主題歌を担当したOfficial髭男dismの生ライブも披露された。

『リング』に登場する貞子は、紛れもなくジャパニーズ・ホラーを代表するキャラクターの一人だ。20年以上も前から続くこのシリーズ最新作のタイトルは、満を持して(無印の)『貞子』と発表された。主演を務める池田エライザは、本作に対してどのような姿勢で臨んだのか。そして、聡明な知性でこの物語をどう解釈したのだろう。自らを「過集中」とまで語る集中力と、「愛するということ」を彼女の中でどう定義しているかについても伺った。ないがしろにしたくない、疎かにしたくない。この気持ちが私の原動力です。――主演されている『

ページトップへ
Twitter Facebook