エビカニ魚卵専門店「Eniグループ」のオーナー・奥澤友紀

5月7日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~※この日は23:19~)は、エビカニ魚卵専門店「Eniグループ」のオーナー・奥澤友紀(37)さんが登場。きらびやかなシーフードで多くの客を魅了する彼女のセブンルールに迫る。

テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高本谷有希子YOU若林正恭オードリー)。

エビカニ魚卵専門店「Eniグループ」は、イクラが掛け放題のパスタに、オマールエビが鍋から溢れんばかりに盛られた炊き込みご飯など、きらびやかな高級シーフードで多くの客を魅了している。店名「エニ」の由来は、エビの「エ」とカニの「二」から取ったというこだわりぶりだ。

オーナーの奥澤さんは大学卒業後、一度は一般企業に就職したが、飲食業への強い思いから27歳で転職。飲食店で経験を積む。その後30歳で独立し、東京・目黒に「クラブハウス エニ」をオープン。そこからわずか5年で、都内に4店舗、更に北海道・トマムに1店舗を展開するほどに成長させることができた。

彼女が生まれ育ったのは体育会系の厳しい家庭。しかし、だからこそ、それが今の接客に生かされていることが多いと話す。更に、オーナーでありながら、自らフロアに立って接客を続けることを信条にしている彼女の思いとは?

スタジオでは、奥澤さんが手がけるきらびやかシーフード料理が出され、一気にテンションが上がる出演者たち。イクラやとびっこがたっぷり盛られたミルフィーユを口にした若林は、「悪いことをしている気になる」と思わず一言。また、青木とYOUが思わず入りたくなる「◯◯のお風呂」とは?

「ガサ(家宅捜索)」とは、事件を立証・解決するため、人や家などの関係先を調べること。ニュースや「警察24時」などで捜査員が犯人の自宅などを捜索する際に見聞きする人も多いだろう。実はこの「ガサ入れ」、警察だけが行っているわけではなく、麻薬取締部や入国管理局などの人も行なっている。そう! 「ガサ入れ」は悪事の数だけあり、日本全国で毎日行われているのだ。8月25日(日)夜6時30分からは、そんな知られざるガサ入れの現場やガサ入れの裏側を取材した「密着 ガサ入れ!」を放送。薬物の売人の家へのガサや、外国

ページトップへ
Twitter Facebook