長澤まさみ東出昌大小日向文世の共演が話題となったドラマ『コンフィデンスマンJP』。このほど、5月18日(土)21時から放送のフジテレビ開局60周年特別企画『コンフィデンスマンJP 運勢編』に、北村一輝広末涼子中山美穂がゲスト出演することがわかった。

同作は、2018年4月クールの「月9ドラマ」として放送された連続ドラマで、主演の長澤(単独主演)、東出、小日向が、それぞれダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師に扮し、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた悪人たちから大金をだましとる痛快エンターテインメントコメディ。既に、5月17日(金)から香港を舞台にした映画『コンフィデンスマンJP』(ゲスト:竹内結子三浦春馬江口洋介)が公開されることも発表されており、今回の『コンフィデンスマンJP 運勢編』は、映画公開翌日に放送される完全新作のSPドラマとなる。

今回は、日本人なら誰でも気になる“運勢”をテーマとし日本を舞台に描かれる。ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)の3人は、宇宙に行きたいと切実に願うIT系の会社社長を巧みにだますなど、相変わらずの日々を送っている。そんな中、チームリーダーのダー子は、新たな詐欺のターゲットとして投資家・阿久津晃に狙いを定める。阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、違法の賭けポーカーの元締としても暗躍するかなりダークな人物。ダー子から阿久津の名前を聞いたボクちゃんとリチャードは、阿久津は債務者をギャンブル漬けにするなどの卑劣な手口で裏社会でも有名で、相手が悪いと反対する。

もちろん、そんな彼らの忠告には耳を貸さないダー子は、なかば強引に彼ら2人、そして五十嵐(小手伸也)、モナコ(織田梨沙)を巻き込み、阿久津の金庫に眠る現金3億円を狙ってさまざまな策略を巡らすが、狡猾な悪人であるターゲットに返り討ちにあう。負けを認めたくないダー子は再び阿久津にコンゲームを仕掛けるが……。壮大なスケールで描かれる、天才詐欺師・ダー子と裏社会の顔役・阿久津とのだまし合い、果たして勝つのは!?

そして今回ゲスト出演が決まった北村が演じるのは、ダー子に詐欺のターゲットとして狙われる投資家・阿久津。阿久津は、投資家とは名ばかりで、債務者をギャンブル漬けにして自殺に追い込み保険金を手にするなどの悪行は数しれず、名うての詐欺師であるボクちゃんとリチャードをして「相手が悪い」と言わしめるほど裏社会では有名な人物。ボクちゃんとリチャードの制止を振り切り、ダー子は阿久津に接触を図るが、あっさりと返り討ちにあってしまう。百戦錬磨のダー子を赤子の手をひねるようにあしらう、狡猾な阿久津を、「久しぶりにはっちゃけた、どこか子供じみたキャラクターですので演じていて楽しいのですが、その反面、せっかく積み上げてきた好感度がガタ落ちしないかと心配です(笑)」と語った北村がどうように演じるのかに注目が集まる。

広末が演じるのは、リチャードと出会うことになる波子。客足もまばらな海辺の中華料理店「みなと食堂」をひとりで切り盛りする波子に客として出会うリチャード。ある日、リチャードは波子が地元の実力者・田島(小木茂光)に脅迫に近い形で言い寄られているのを目撃してしまう。波子は、夫を亡くした後、客足が遠のく一方で今では5000万円もの借金を抱えてしまい、息子は高校を中退して家出をしたという家庭の事情をリチャードに明かす。リチャードはけなげな波子に心ひかれ、彼女を助けようと決意するが、波子には裏の顔があって……。

そして、中山が演じるのはボクちゃんと出会うことになる若葉。ダー子のもとを離れたボクちゃんは、若葉が社長を務める遺品整理会社「おもかげ」で働き始める。常に遺族に寄り添う形で遺品整理をする若葉の姿に心を打たれ、家族との縁が薄かった分、若葉のことをまるで母親のように慕うボクちゃん。ようやく詐欺稼業から足を洗い、まっとうに生きていけると思い始めたボクちゃんだったが、ある日、若葉が遺族には「値がつかないので処分する」と説明しながら、それらをブローカーに高額で売却する姿を目にしてしまう。

<北村一輝 コメント>
――脚本を読んだ印象は?

カラクリといいますか、だまし合いが本当にうまく練られていて、読んでいて飽きないです。すばらしい素材を頂き、演じがいのある役だなという印象で、役者にとっては、お芝居の見せ方をいくつも想像できる脚本でした。脚本の段階でここまで面白いと楽しみではありますが、逆にプレッシャーも大きいですね。

――連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』の印象は?

ハチャメチャだなという第一印象ですね(笑)、演じている方々は楽しいだろうなと。“ここまでやるか!”というくらいに振り切ったまさみちゃんのお芝居に魅せられましたね。でも、ハチャメチャにできるということは芯がしっかりしているということなので、脚本がしっかりしているからこそハチャメチャにやっても作品としてブレないのだろうと感じました。今回は、極端に言えば一言一句、脚本の通りにセリフを言おうと思っています。

――演じられる阿久津について

衣装合わせ前には、スーツを着ているようなクールなキャラクターをイメージしていたのですが、衣装合わせでとんでもない衣装ばかり出てきて、“あー、そっちですか”と(笑)。久しぶりにはっちゃけたというか、どこか子供じみたキャラクターですので演じていて楽しいのですが、その反面、せっかく積み上げてきた好感度がガタ落ちしないかと心配です(笑)。もしかしたら、僕の今後にとっては悪影響以外の何ものでもないのかもしれません(笑)。

――主演の長澤まさみさんとは、大河ドラマ『天地人』(NHK)以来、10年ぶりの共演となりましたが?

久しぶりにご一緒できてうれしかったです。もう大女優ですからね、“お世話になります!”という感じです(笑)。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

何より、この脚本の面白さがそのまま皆さんに伝わることが一番だと思っています。ドラマはスタッフ、キャスト全員で作るものですが、今回出演させて頂くことで、このドラマの一部分を担えるということに喜びを感じています。連続ドラマからのファンの方々のご期待を裏切らない作品ですので、是非楽しんで下さい。

<広末涼子 コメント>
――『リーガルハイ』シリーズ、映画『ミックス。』にもご出演され古沢(良太)作品常連ですが、今回の脚本を読んだ印象は?

面白かった! 古沢さんの本のテンポの良さと軽快さに、また楽しませていただきました。今回は、出演していないシーンや共演していない出演者の方も多いので、きっと本当の意味で、視聴者としてオンエアを見られるのがすごく楽しみです。

――連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』の印象は?

連ドラ開始から、面白くて痛快で拝見させていただいておりました!

――演じられる波子について、どのように捉えられていますか?

波子は、“詐欺師”になりきれていない部分がなんだか切なく同情すらしてしまう人物。うまく大どんでん返しに見えてくれることを願っています。

――共演シーンの多かった小日向文世さんとのお芝居はいかがでしたか?

小日向さんとしっかり対峙してお芝居させていただくのは初めてでした。いつも優しく穏やかな小日向さんに、助けていただき寄っかからせていただいた撮影期間でした。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

今回も、このドラマのファンの皆様方の期待を裏切らない! 爽快騙し合いエンターテインメントに仕上がっていると思います(笑)。お楽しみに! 是非ご覧ください。

<中山美穂 コメント>
――古沢作品初出演となりますが、脚本を読んだ印象は?

伏線がたくさん張られていて、脚本というよりは読み物として面白かったです。演じることがとても楽しみになる脚本でした。

――連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』の印象は?

すごく新鮮な作品という印象です。テンポ感が良くて、しっかりと作り込まれている作品だと感じました。コメディになり過ぎていなくて、真面目にふざけている感じがとても良いなと思いました。

――演じられる若葉について、どのように捉えられていますか?

お金に対してとても執着があって、お金のためなら何でもやる女性です。すごく振り幅の広いキャラクターなので、正直、最初はイメージがなかなかつかめなかったのですが、撮影を重ねていくうちに振り幅の広さを表現できるようになって、演じていて面白くなってきました。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

とにかく面白い作品になっていると思います。私自身、自分が出演しているというよりも一視聴者として今回の『コンフィデンスマンJP 運勢編』をとても楽しみにしていますので、是非お楽しみ下さい。

1962年、『涙を、獅子のたて髪に』(篠田正浩監督)で映画デビューして以降、次々と映画・ドラマ・CMに出演し、小悪魔的なルックスで瞬く間にアイドル的人気となった加賀まりこさん。 20歳のときに人生をリセットしようと単身パ

ページトップへ
Twitter Facebook