MCの坂上忍

4月25日に放送される『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は、27年前の1992年4月25日に26歳という若さでこの世を去った伝説のロック歌手・尾崎豊さんの本当の素顔に迫る。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”に、MCの坂上忍をはじめとしたジャーナリストリポーターたちが追跡&直撃し、真相を突き止めていくジャーナリズムバラエティ。

番組では、尾崎さんの同級生に取材を行い、彼の学生時代の様子や、彼の原点とも言えるデビュー曲「15の夜」の誕生秘話などを明らかにしていく。

また、長年、尾崎さんと共に歩んできた音楽プロデューサーやバックバンドのメンバーにも取材を敢行。順調にスターへの階段を駆け上がっていた尾崎さんが、1986年1月1日に突然の無期限活動休止を宣言した背景にあったものや、尾崎さんの素顔、そして「10代の教祖」「若者のカリスマ」などと呼ばれた彼だからこそ抱えていた苦悩などに迫っていく。

もし自分のクローンができたら、自分と同じ性格、同じ行動、同じ嗜好となるのでしょうか? そんな疑問の答え探るため、一卵性の双子(小学校4年生)と三つ子(幼稚園・年長)の男の子5人を育てる母・土谷幸奈さんにインタビュー。同じ遺伝子だと全てがそっくりになるのか。「遺伝子とアイデンティティ」の関係を伺いました。一卵性の双子・三つ子でも顔はまったく似ていない──一卵性の双子と三つ子を子育て中とのことですが、産まれた時から見分けることってできましたか?「私には違う顔にしか見えないので、産まれてすぐに見分けら

ページトップへ
Twitter Facebook