第2話シーンカット

窪田正孝が主演する月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が4月15日に放送。インターネット上では、放射線科“ラジエーションハウス”の技師長・小野寺俊夫役の遠藤憲一の演技に称賛の声が寄せられていた。

現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックをドラマ化した本作。写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

甘春総合病院にやってきた母・美佐子(中越典子)と健太郎(石田星空)親子。健太郎が膝に痛みがあるということで、診療画像を撮影すると「成長痛」だと診断された。しかし、今度は美佐子が腹痛で倒れてしまう。

じつは、数年前に美佐子は副腎皮質がんを患い克服。同病院で手術を受けたものの、治療を終えたあとは経過観察に来ていなかった。レントゲン検査だけだと不十分だと感じた唯織は、さらに詳しく調べるためCT検査を勧める。

美佐子はがんを克服した後に離婚。契約社員として働き、ようやく正社員登用試験までこぎつけた身で、試験に受かる必要があった。仕事に向かおうとする彼女に、放射線外科医・甘春杏(本田翼)や健太郎が必死で止めて再検査することに。がんの症状はなかったものの、すい炎だと診断され、入院を余儀なくされた。彼女は仕事に躍起になっていたと反省した。

その後、唯織は健太郎の膝に対して気になることがあり、独自に調査を開始。その結果「命にかかわる病気を患っている可能性がある」と判断。MRIをしたいと依頼する。しかし、検査場は予約でいっぱい。直前に病院の得意先が診察を受けるため、検査時間を動かせないことになっていた。そんな中、小野寺は「調べて病気がなけりゃそれでいいじゃないか」と強行。検査をすることに。

「許可をした覚えはない」と激怒する放射線科長に小野寺は「責任なら私がとります」と対抗する。1人の少年と母親の未来がかかっていると言い「邪魔しないでいただきたい!」と反発した。

検査の結果、健太郎は50万人に1人が発症するという骨肉腫(がん)だった。じつは、美佐子の家系は全員が白血病やがんで亡くなったことを知った唯織が、リ・フラウメニ症候群(遺伝的に様々な臓器で悪性腫瘍が多発するリスクがある家系)だと判断して調査したという。病気の真相が明らかになったことで落ち込むラジハのメンバーに小野寺は、「がんができやすいなら早期で見つければいい。それが俺たちの仕事だろ」と鼓舞した。

インターネット上では「エンケン(遠藤憲一)さん最強」や「こんな技師長さん居たら毎日でも眺めに検査出ししまくるわ」「遠藤憲一がひたすら格好いいドラマ」などと遠藤の男気あふれる演技にメロメロになる人が続出していた。

ドラマBiz『ハル ~総合商社の女~』(テレビ東京系、10月21日スタート、毎週月曜22:00~)の記者発表会が16日、都内で行われ、主演の中谷美紀ほか、共演者の藤木直人、白洲迅、奥田瑛二が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook