ご在位中の天皇陛下・皇后陛下の物語を初ドラマ化する『プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡(仮)』が、4月30日(火)18時30分から生放送される『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ』(フジテレビ系)内で放送決定。世紀のご成婚と、美智子さまがこれまで歩まれてきた道のりを“東宮女官長の目線”からドラマ化され、永作博美が主演し、東宮女官長・浜村時子(仮名)役を演じることが明らかになった。

総合司会をタモリが担当する『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ』は、平成最後の夜から新時代・令和の幕開けまで約6時間半にわたり生放送し、平成という時代が終わる大きな節目に“新しい皇室のあり方”を模索されてきた天皇皇后両陛下のこれまでの歩みを独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返っていく。

今回番組では、美智子さまの知られざるお気持ちがつづられた貴重な資料を独自入手。初めて民間から皇室に入られ、前例のない子育てやファッションが注目され、“ミッチーブーム”に世の中が熱狂した一方、伝統の壁や批判にさらされた美智子さま。その時、美智子さまは何を思われ、そしてどのように逆風に立ち向かってこられたのか。実は当時、美智子さまは苦しい胸の内をノートにつづられていたという。そして、美智子さまとごく親しいある人物が、それを一字一句、書き写していたノートが存在していたのだ。

そのノートには、「“伝統と進歩”というむづかしい課題の前で、いつも私は引き止められ、立ちどまって考えてしまいます」(原文ママ)「憎しみに囲まれて何かをしようとしても、くずれくずれる砂山を足場にするように、何一つ実るものはございませんでしょう。これは、どんな“家”をとってみても、“職場”、“社会”をとってみても言えることではないかと思います」との記載が。

さらに、当時浴びせられた批判に対しては、「砂山をいたずらにふみつけ、その姿勢にばかり悲愴さをもち、その実、何の積極的進歩もない、そういうのが好きではないのです。でもそういう姿を見なければ、すべてが妥協だ、順応だと思いたい人達もおりますでしょう」などと、ノートには、美智子さまの本当のお気持ちがつづられている。

今回、美智子さまが書かれたイラストをそのまま書き写したページが初公開。そのイラストとそこに記された文章から、皇太子妃として、そして妻として母としてのご自身のお立場について思慮され、そのあり方を模索されていた切実な思いが明らかになる。

そして番組では、美智子さまの知られざるお気持ちが記されたその貴重なノートをもとに、『プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡(仮)』としてドラマ化。ご在位中の天皇陛下・皇后陛下の物語をドラマ化するのはこれが初めてとなる。

主演の永作が演じる浜村は、旧華族夫人で皇太子妃に仕える女官のトップ・東宮女官長に任命され、美智子さまの身の回りのお世話からお妃教育を担当することになった人物。突然のことに戸惑いながら、伝統を重んじる立場から、“新しい皇室”を模索される美智子さまに皇室のしきたりを厳しく指導する。しかし、美智子さまに最も近くでお仕えするうちに、そのお人柄やご努力を目の当たりにし、次第に美智子さまへの思いを変えていく。

永作は脚本を読んで感想を「日本の歴史として興味深く読んでいました。とても心温まる作品で驚きました」と告白。皇室内という知られざる世界の東宮女官長という役を演じたことについては、「役を作りきれませんでした。そのくらい私のいる世界とはかけ離れた世界でした」と苦労を明かす一方、「(浜村は)厳しくお勤めされていたようですが、やはりどこか人間くさい、人の情けのようなものを知っている方なのかなと。少しでも感情を出せるところは出したいと思っていました」と明かした。

さらに番組では、天皇陛下と美智子さまの側近たちが撮影した貴重な秘蔵写真が明かされ、両陛下に仕える侍従や女官たちしか知り得ない、お二人の本当の素顔が明らかに。

また、5月1日に即位される皇太子さま、皇后になられる雅子さまはどのような皇室を作られていくのか――新たな時代を築かれていくお2人の知られざる姿を関係者の証言など独自取材で紹介。そして改元の瞬間、カウントダウンで盛り上がる話題の場所、全国各地の今を生中継で結び、喜びの表情を伝える。

ページトップへ
Twitter Facebook