女性同士が理解し合う姿を描く

野島伸司が脚本を手がけ、馬場ふみか小島藤子が共演するオリジナルドラマ『百合だのかんだの』の制作が決定。フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて、5月23日(木)24時から配信される。

本作は、『パパ活』や『彼氏をローンで買いました』に続く、社会派ドラマの巨匠・野島が手がけるFODオリジナル連続ドラマの第3弾。偶然再会した2人の女性が、友情や親友という言葉ではくくれない関係に発展し、やがてお互いを思い合うという、女性同士の献身的な姿を描いていく。

馬場演じる大学生の篠原百合は、ストーカー被害に遭ったことをきっかけに引っ越しを決意。不動産会社で新しい物件を紹介してもらっていると、案内してくれた女性社員から「百合ちゃん」と声をかけられる。小島演じる不動産会社の女性社員・二宮海里は、百合の小学生時代の同級生で、当時、ジュニアアイドルとして活躍していた美少女だった。久しぶりの再会に喜ぶ2人。しかし、百合は海里のハグの長さや、言葉の節々に小さな違和感を覚えるのだった。

美しく妖艶で、どこか影のある海里と、彼女に次第に惹かれていってしまう百合。そんな2人の関係が、ときにコミカルに、ときに真面目に描写される。

主人公の百合を演じる馬場は、「野島さんの脚本ということがとても嬉しかったです! 野島さんの作品は会話のテンポ感が特徴的で面白いなと思っていました。そして、台本をいただいて、野島さんの感覚がめちゃくちゃ若いと感じました。女の子が大学でしゃべっているシーンがとてもリアルで、お互い通じ合っている感覚で不思議な会話が成り立っていきます」と脚本を絶賛。

また、「私は基本男性が好きですが、女友達との距離感がとても近くて、一緒に歩くときは腕を組みますし、ふざけてキスをしたこともありますので作品にはものすごく共感できました」と明かし、「女性を好きになる気持ちは自分の中にもあると思うし、誰しもふとした瞬間にそれが訪れるかもしれません。この作品は、今の時代だからこそナチュラルに受け入れてもらえるドラマなのではないかと思います」と続けた。

一方、海里役の小島は、「初めて脚本を読ませていただいた時にこりゃすごいぞと思いました(笑)」と率直にコメント。「今まで演じた事のないキャラクターだったので自分で本当に大丈夫か? と不安もありましたが、馬場さんの美しさと魅力に引き込まれすんなり海里になれた気がします、楽しい時間でした。と言いつつ見て下さった方々がどんな反応をするのか今からドキドキです……楽しんで見ていただけたら幸いです」とアピールした。

そして、脚本の野島からもコメントが到着。「今回の作品については、女性同士の恋愛を描くつもりは全くありませんでした。離婚や仕事で忙しく彼氏を作らない女性が増えている中で、最後には女性同士で一緒に暮らそうなど、男女の関係が限界にきているように感じます。本質的には分かり合えない、生き物が違うものといるより、分かり合える種族と一緒にいた方が有意義じゃないか。女子がトイレに手を繋いでいくことの延長であり、イイ男がいたらみんなで共有するくらいあってもいいんじゃないかと思います」と本作のテーマを説明。

また、キャステングについては、「作品柄からも難航することは容易に考えられたので、馬場ふみかさん、小島藤子さんがこの役を受けてくれたことに感謝しています。2人には借りができました(笑)」とメッセージを伝えた。

財前直見が、中条あやみと水川あさみがW主演を務める新ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話(4月24日放送)で、ある秘密を抱えた患者役を演じることがわかった。

ページトップへ
Twitter Facebook