タモリ

フジテレビ系で4月30日(火)18時30分から約6時間半にわたり生放送する大型特番『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”』の総合司会にタレントのタモリが決定。番組の戸塚晶久チーフプロデューサーが、起用の理由と番組への思いを語った。

戸塚は、この度の天皇陛下の退位による代替わりについて「昭和天皇崩御で国民が悲しみに暮れた前回とは大きく異なります」と語り、「伝統を大切にしながら、時代にあった皇室へと変え、国民とともに歩んでこられた天皇皇后両陛下。その功績を称え、感謝し、退位を祝う節目となり、次の時代へと“つなぐ”ものとなる、そんな番組を作りたいと考えた」という。

そんな中、誰がMCに適任かを考えた時に辿り着いたのがタモリだったという。戸塚は「タモリさんは長年に渡りテレビの世界で活躍し、人々に愛され、時代を作り、目撃してきました。幅広い知識と慧眼、それに基づくユーモアにあふれる発言のすばらしさは誰もが認めるところです。その存在は国民が悲しみではなく、両陛下への感謝を示し、さらに次の時代へと“つなぐ”番組のMCとしてふさわしいと考えました」と絶大な信頼を寄せた。

番組は、平成という時代が終わる大きな節目にあたり、“新しい皇室のあり方”を模索されてきた天皇皇后両陛下のこれまでの歩みを独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返る。さらに、両陛下に仕える侍従や女官たちしか知り得ない、天皇陛下と美智子さまの素顔が、女官たちが撮影した貴重な秘蔵写真で明かされる。

また、5月1日に即位する皇太子さま、皇后になる雅子さまはどのような皇室を作られていくのか。新たな時代を築かれていくお2人の知られざる姿を関係者の証言など独自取材で明らかにする。さらに番組では、カウントダウンで盛り上がる話題の場所、全国各地の今を生中継で結び、喜びの表情を伝えていく。

戸塚は、「番組は多彩なゲストとともに平成から次の時代へとバトンタッチされる瞬間を目撃していくものとなります。タモリさんのガイドでそれを温かく見ていく、そんな『平成の“大晦日”』を皆さんとともに過ごしたいと考えています」と意気込みを語った。

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡

ページトップへ
Twitter Facebook