フジテレビ開局60周年を記念し、3月25日~31日までの1週間、早朝から深夜までの番組のどこかに数分間、合計14回突然登場するというゲリラ放送を敢行する『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)の囲み取材が行われ、有田哲平くりぃむしちゅー)が出席した。

『全力!脱力タイムズ』は、バカバカしくて思わず脱力してしまう世界各地の「最新脱力ニュース」を、メーンキャスターのアリタ哲平(有田)と番組が誇る全力解説員たちが鋭くマジメに読み取り、徹底解説していくバラエティ番組。

この度、フジテレビの開局60周年記念のアンバサダーとして同番組が選ばれたことに有田は「大冒険ですよね」とおどけると「フジテレビが馬鹿ばっかりやっていた時代を思い出させてくれるような決断。ありがたい話ですけれどね」と局の大英断に感謝する。

金曜の23時に放送されている番組が、1週間の間、朝昼夜問わず、さまざまなな番組とコラボするという企画。有田は「夜のにおいがする『脱力タイムズ』が、朝や昼に突然出てくる可能性がある。とんでもない化学反応が生まれるかもしれませんね」と不敵な笑みを浮かべるも「実は撮影も10本、20本と行いましたが、いまだに本当に放送されるか信用していないんです。この囲み取材だって、偽物かもしれませんからね」と半信半疑であることを明かす。

大役を担うことにも「報道番組で活躍している方々のスケジュールが合わなかったんじゃないですかね。本当は7番手ぐらいだったのかも」と懐疑的な顔を見せると「僕も(キャスティングされた)理由を知りたいんです」と制作陣に問いかけ、報道陣の笑いを誘っていた。

有田にとってフジテレビは「有名な番組が目白押しで、家に帰るとまずはフジテレビにチャンネルを合わせていたぐらい。お笑い好きには刺さっている局。そんなフジテレビでいつかバラエティがやれればというのがモチベーションの一つでした」と熱い思いを吐露していたが、続けて「それがいまや報道番組まで任せてもらえるようになって……」と真顔でボケるなど、名MCらしく終始場内を盛り上げていた。

12月6日放送の「深イイ話」は、都会からの移住シリーズ第二弾!「長崎県五島市&住みます芸人サミット」まず最初に紹介するのは、来年の朝ドラの舞台に選ばれた、ある島!「海」・「山」。超絶・絶景独り占め!住みたい田舎ランキングトップ10に唯一入った「離島」で移住者数

ページトップへ
Twitter Facebook