左から吉田宗洋、竹財輝之助、猪塚健太

FOD連続ドラマ『ポルノグラファー~インディゴの気分~』上映・トークイベントが3月2日、フジテレビ・マルチシアターにて行われ、主演の竹財輝之助吉田宗洋猪塚健太が出席。途中、原作者の丸木戸マキが参加するなど、イベントは大いに盛り上がった。

本作は、純情な大学生・久住春彦(猪塚)と、嘘つきな官能小説家・木島理生(竹財)の切ない恋を描いた丸木戸のボーイズラブコミックを三木康一郎監督で実写ドラマ化した『ポルノグラファー』の過去編。木島と担当編集の城戸士郎(吉田)との“言えない過去”が描かれる。

続編の制作が決まったとき、竹財は「本島に嬉しかった。観てくれた人の反響が大人を動かしてくれた」と詰め掛けた100人のファンにお礼を言うと「僕は、間を空けて同じ人物を演じることが初めてでした。本番を迎えるまでこんなに逃げたかった現場はない」と正直な胸の内を明かす。それでも、現場に入り城戸と対峙した瞬間に空気がつかめ、そこからは最後まで走り切れたという。

この日、ファンと共に大きなスクリーンで作品を鑑賞した3人。竹財は「個人的に映画が大好きで、大きなスクリーンで観られることは贅沢。三木監督の絵はスクリーンでも耐えられ素敵な映像だと思うので、ぜひ応援上映みたいなものを企画してほしい」と思いを馳せると、吉田は「普段舞台が多いので、スクリーンに映った自分を観る機会がないのですが、映画のような素晴らしい映像を作っていただけた。スタッフさんに恵まれました」と満足そう。猪塚も「映画を観た感じでした。(大きなスクリーンでも)全然いけますね」と笑顔を見せていた。

また、濃厚なラブシーンも注目の一つだが、竹財は「城戸との絡みが、城戸というより吉田がだいぶ出ていた」と苦笑いを浮かべると「テンションが上がって、吉田じゃんというシーンが多々ありました。寒い時期だったにも関わらず、ヌーディーな感じで撮影するシーンが多かったのですが、彼は『動いてめっちゃ熱いから大丈夫』と言って一切防寒着を着ないんです」と暴露し、客席を沸かせていた。

イベント後半では、前作『ポルノグラファー』で印象に残っているシーンランキングが発表された。1位に第3話で木島先生と久住がベッドでキスをするシーンが選ばれると、竹財は「1時間以上ベッドにいましたね。2人でめっちゃキスしました」と当時を思い出す。猪塚も「2人とも何回も歯を磨いたり、ガムを噛んだりしていましたね」と懐かしそうに振り返っていた。

竹財は「僕らの仕事は観てくださる方がいて成り立つ仕事。それがあったから、こうしてイベントも開催することができました」と語ると、最初はDVDになるかどうかも決まっていなかった企画が、続編まで制作することができたことに「こんな成功例はないです」と破顔していた。

ページトップへ
Twitter Facebook