木村文乃大沢たかおが、3月25日(月)放送のフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』(フジテレビ系、20:00~)で共演することがわかった。2人は『大奥』シリーズに初出演で初共演。本作では、主演の木村が吉宗の妻・久免(くめ)を、大沢が徳川吉宗を演じる。

『大奥』はこれまで3本の連続ドラマ、6本の単発ドラマ、1本の映画を生み出し、さらには舞台化もした人気シリーズで、菅野美穂松下由樹内山理名仲間由紀恵深田恭子沢尻エリカなど、錚々たる女優たちが主演を務めてきた。今回は、タイトルが表す通り、シリーズの完結編。徳川家の基盤を立て直し、「徳川中興の祖」と称される徳川吉宗の精神的支柱として陰ながら支え続けた久免の半生を描いていく。

吉宗は正室と死別後、彼の生母・浄円院付きの女中であった久免を側室に迎えると、素朴で優しい人柄の彼女を寵愛。吉宗には亡くなった側室との間に3人の子供がおり、久免も、その3人を自分の子のように愛し、いつまでも吉宗との仲むつまじい暮らしが続くと考えていた。しかし、吉宗を第8代将軍に推挙するという江戸城からの命が下り、久免と吉宗の生活を一変。久免らは紀州藩邸から江戸城に移り、怒りや憎悪、ねたみの渦巻く「伏魔殿」ともいえる大奥と対峙することになる。

久免を演じる木村は、本作がフジテレビドラマ初主演にて、『大奥』シリーズ初参加。大役に戸惑いながらも「主演とは言え、『大奥』シリーズはとても歴史のあるタイトルで一から作る訳ではありませんし、今まで携わられた方々の中に入れて頂くという感覚です。演じる久免も自己主張が強いタイプではありませんので、今回の現場での目標は久免らしく、皆さんとちょっとずつコミュニケーションを取っていくことです(笑)」と。

また、初共演となる吉宗役の大沢については「大沢さんとは、だいぶ昔にお目にかかってお話をさせて頂いたことがあって、自分のやりたいことや目標を明るく語られる方なんだなという印象がありました。最近でも、大沢さんが出演された紀行番組のスタッフさんとお仕事する機会があって、その方と大沢さんのお話をさせて頂いていました。その紀行番組での大沢さんが今回の吉宗そのもので、初共演ではありますが自分の中で大沢さんのことを吉宗だと認識する期間が長かったので、“あれ、まだ会っていないんだ”という感覚です。共演が今から楽しみです」とコメント。対する大沢も木村について「久免の持つ明るさや愛情、凛とした芯のある女性としての姿は、木村さんの印象そのものでした」と明かした。

そして、いよいよ最終章となる本作について木村は、「キャスト、スタッフ全員、気合を入れて作品に臨んでいます。『大奥』ならではのドロドロももちろんありますし、『大奥』シリーズを初めてご覧になる方には、大奥がどんなところなのかを一から知ってもらえる内容にもなっています」と強調。「林徹監督をはじめ『大奥 最終章』チームの皆さまに身を委ね、自分にできることをしっかりやりたいと思っています」と意気込んだ。

テレビ東京では、3月5日(金)深夜1時53分より、キャストがほぼ"声優"のみで繰り広げられるコメディーミステリードラマ「声優探偵」を4週連続で放送することが決定しました(最終話のみ深夜2時8分より放送)。普段は声のみで演じる声優が、全身を使った演技でも視聴者を魅了する挑戦的なドラマです。左上から:小野友樹、増田俊樹左下から:金田朋子、浪川大輔ある事件をきっかけに声優を引退し探偵となった不零オサム(沢城千春)が、自身の持つ特殊能力、絶対音感ならぬ"絶対声感"を武器に事件の真相に迫り、被害者最後の声

ページトップへ
Twitter Facebook