都議会議員・伊集院和明役の徳重聡

ドラマ『下町ロケット』(TBS系)での嫌味なエンジニア役が話題だった徳重聡が、2月18日に放送される『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第7話にゲスト出演することがわかった。悪徳政治家を演じる徳重は「悪役としては最悪の悪役です」とコメントしている。

本作は、元科捜研研究員の古賀慶が描く累計40万部突破の大人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)を原作とした本格科捜研サスペンス。陰惨な過去を背負いつつも事件の解決に向け、“真実のカケラ”を探す科捜研法医研究員の真野礼二を錦戸亮関ジャニ∞)、科捜研新人法医研究員・沢口ノンナを新木優子、叩き上げのベテラン刑事・虎丸良平を船越英一郎が演じる。

徳重が演じる都議会議員・伊集院和明は好感度は抜群だが実は、パワハラ疑惑があるなど裏の顔を持つという“悪役”だ。この伊集院の秘書が起こしたという交通事故をめぐり、真野が事件の真相に迫っていく。

徳重からコメントが到着。以下に、紹介する。

――初めての月9出演の感想は?

月9というと、華々しい作品がずらっと並んでいるイメージがあったので、そのような月9で、こんなにあくどい政治家を演じるとは……笑。船越さんが作品の中で、僕が演じる伊集院に対して“ゲス野郎”と仰るんですが、まさにそういう人間を月9で演じるとは思っていなかったので、月9と言われるととても違和感がありますね、笑。

――現場の雰囲気はいかがでしたか?

初日はお台場の海が見える場所で夜のシーンを撮ったのですが、実はそこで少し、月9に参加してるな、という感じはしました、笑。

――好青年の役から、最近では個性的な役まで幅広い人物を演じられていますが、今回の完全悪役はいかがでしたか?

監督からは“完全に振り切って、悪役をやり切ってください”と言われました。とんでもない悪人なので、かえってやりやすいですし、面白くもありますね。

――悪役を演じるにあたって、心がけているところは?

最初はいい人に見えるようにすることが大事だと思います。視聴者の方に、最終的にとんでもなく悪い奴だったなと思っていただきたいので、最初にいかにいい人に見えるようにするかですね。先日、謝罪会見のシーンを撮った際も、すごく良い政治家に見えるように気を使いました。

――今後はどのような役を演じたいですか?

悪役を全部やってみたいですね。今回はとんでもない政治家を演じましたが、反社会的な勢力や犯罪者など悪役といっても色々ありますよね。一通り悪役をやってみたいですね。当たり前ですが、役じゃないとできないので、色々な悪役をやってみたいです。

――視聴者の方へメッセージをお願いします。

悪役としては最悪の悪役です。今までで一番の悪役を演じていますので、そこを楽しみにしていただければと思います。「ゲス野郎、ゲス野郎」と皆さんからとっちめられるので、その完全懲悪を楽しんでいただけたらと思います、笑。

現場に残された遺留品に注目して事件を解決していく上川隆也主演のドラマ『遺留捜査』のスペシャルが、2月24日(日)に放送される。 今回、糸村たち“京都府警 特別捜査対策室”のメンバーが挑むのは、華やかなクラシックコンサート

ページトップへ
Twitter Facebook