木村佳乃が主演するドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第3話が、2月5日に放送される。第3話では木村演じる小夜子と木村多江演じる朋美の“イヤミバトル”が繰り広げられるほか、耕造(泉谷しげる)に続く小夜子の後妻業の次のターゲットとして、佐藤蛾次郎演じる富樫幹夫が登場する。

同ドラマは、直木賞作家・黒川博行氏の同名小説を原作に、資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う“後妻業”の姿を描いた痛快サスペンス。

第3話では、小夜子が“本宅”と呼ぶ自宅へ、ついに朋美が突撃する。小夜子が“後妻業”を行っているのではないかとの疑いを強めて、直接自宅を訪ねたのだが……。「素敵なお部屋じゃない」といったんは褒めておきながら、「でも、床暖房じゃないのね?」と建築士である知識を用いて軽くジャブを放つ。これを皮切りにイヤミ合戦がスタートする。2話までは朋美の姉・尚子(濱田マリ)がバトルを制止して収まってきたが、今回は2人だけ。木村佳乃は「難しいシーンですが、やりがいがありました。何度もリハーサルを行って、木村多江さんとの動きなどを試しながらだったので、へとへとになりました」 と面白さの裏にある撮影の苦労を話した。

そして、佐藤演じる幹夫は、全国展開するうどんチェーン店“うどんのトガシ”会長。認知症を患い、高級老人ホームに入居している。小夜子をヘルパーや看護師と勘違いしたり、柏木の結婚相談所に登録したことを忘れていたりと、百戦錬磨の後妻業のエース・小夜子も手を焼く。撮影現場でも、佐藤の独特の“間”のとり方に、演技なのかわからず出演者・スタッフが困惑する一幕も。『男はつらいよ』シリーズなどで知られる佐藤との初共演に、木村佳乃は「ご一緒できるだけでもすごくうれしかったですし、貴重な経験でした」と喜びをあらわにした。また、佐藤の演技については「どうしたら面白い“間”になるかわかっていて、さすが関西の方だと思いました」と感心しきりだった。

一方、本多(伊原剛志)は、小夜子が“後妻業”を行っている証拠を突き止めようと追いかけ、小夜子が過去に3人の男性と入籍していたことを知り、そのうちの1人・武内宗治郎のもとを訪れる。そこに現れたのは武内宗治郎の義理の娘・武内香代。今回、この小夜子の元夫の義理の娘・武内香代を、個性派女優として数々の作品に出演している平岩紙が演じる。プロデューサーから「このドラマの登場人物はかなり個性の強い人たちばかり! ぜひ、紙さんの演じる香代も好きなだけやり切ってください」とのオーダーが! これに対し平岩は、「プレッシャーがすごいです! どんな人たちばかりなんだろうと撮影に入るまでかなりドキドキしましたが、衣装や眼鏡などもクセを強くして、ほかの人たちに負けないように気合入れました。温かい目で見てください」とコメントした。朋美と同様に小夜子によって義父の遺産を持っていかれた香代だが、朋美の場合と違い、小夜子は入籍をしていた……。その理由は何なのか?

<第3話 あらすじ>
耕造(泉谷)の葬儀が終わって間もなく、小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)は早くも次のターゲットに接触しようとしていた。相手は、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤)。早速、小夜子は幹夫が暮らす高級老人ホームへ向かうが、待っていた幹夫は、認知症を患っており、さすがの小夜子でも一筋縄ではいかなさそうで……。

その頃、本多(伊原)は、小夜子が過去に3度結婚し、すべての夫と死別していることを突き止めた。「あの女が父を殺したことを証明したい」という朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子のマンションで聞き込みを開始。3番目の夫・武内宗治郎が不可解な死を遂げていた事実をつかむ。さらに、亡くなった宗治郎の家族に話を聞くと、小夜子が耕造と入籍しなかった理由も明らかになる!

一方、朋美は内縁の夫である司郎(長谷川朝晴)に対し、絵美里(田中道子)との浮気を疑い始める。そんな最中、本多から、耕造を含むすべての夫が、柏木が経営する結婚相談所「ブライダル微祥」に入会していた、という報告を受ける。我慢できなくなった朋美は、自ら小夜子と対峙することを決意。ひとりで自宅に乗り込むが、話術に長けた小夜子の前では手も足も出ず、思わず「あなた、後妻業よね」と直球を投じてしまう。しかし、小夜子はその言葉にひるむどころか、とんでもない告白を始めるのだった。

ページトップへ
Twitter Facebook