アイドルが現れるというBARに張り込む2人

松本穂香松尾諭がW主演を務める連続ドラマ『JOKER×FACE』(フジテレビ、毎週月曜24:55~)が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中。FODでは毎週金曜24時に、地上波に先駆けて最新話が配信されている。

本作は東京・渋谷を舞台に、インターネットの過激動画をめぐるスリリングな攻防劇を描いた新感覚のクライム・エンターテインメント。動画配信で荒稼ぎする謎の美女・流川を松本が演じ、松尾演じるリストラされた妻子持ちのサラリーマン・柳が、いつの間にか流川の動画制作の片棒をかつぐはめになっていく。

清純派を演じるアイドルの実態や、すぐにだまされてしまう老婦人を狙ったオレオレ詐欺の実態、出会い系アプリに巣食うサクラビジネスの実態など、前後編の2話完結形式で描かれるのは、社会の裏側で起きている無視できない数々の“実態”。流川は、その“実態”にカメラを向け、多くの視聴者の好奇心を煽りながら、配信を続けていく。

第1話の「【検証】誰とでもヤる現役アイドル編」は、流川と柳が初めて出会う場面からスタート。渋谷の夜の駐車場でオヤジ狩りに遭った柳の前に突如現れたのは、黒いフードをかぶり、片手にビデオカメラを持った謎の美女・流川だった。警察の介入をきっかけにその場を逃げ出した2人。一息ついたところで、礼を言い立ち去ろうとする柳に対して、流川は「あんたみたいな人、探してたんだ」と笑いながら、先ほどのオヤジ狩りの動画を見せ、自身が「JOKER」という動画配信チャンネルを運営する動画配信者であることを告げる。

柳に対し、動画の作成に協力すれば、報酬を出すと持ちかける流川。次に狙う動画は、現役アイドルグループ“純愛”のユリコ(永尾まりや)にまつわる「誰とでも肉体関係を持ってしまう」という噂の真偽を検証するというもので、流川は柳に合計40万円もの報酬を提示する。

躊躇しながらも一文無しの柳は流川に協力することに。そして、ユリコが現れるというバーで、さっそく本人と遭遇。柳が声をかけると、最初は怪訝な顔をしていたユリコだったが、次第に打ち解け、「一昨日ここで会った人がいて、流れでホテル行くことになった」など、噂を裏付けるような発言を繰り返す。さらに、柳が既婚者だということがわかると、「今日も奥さんのところに帰るの?」と意味ありげに柳を見つめ、唐突にキスを迫るのだった。

本作は、先の気になるストーリー展開はもちろん、個々の人物のキャラクター性が魅力の一つ。これまで『ひよっこ』(NHK)や『この世界の片隅に』(TBS系)ではおっとりとした女の子を演じてきた清純派女優の松本が、「これまで演じたことがない」という小悪魔的なキャラクターに挑戦。初めて会ったばかりの柳を「おっさん」呼ばわりし、「お金ほしい? 女とヤリたい?」「ヤリマンアイドルに興味ない?」とストレートに尋ねるせりふも印象的。柳が協力に躊躇すると、「おっさん、人生やるかやらないかそれだけだよ。小さな積み重ねが今後の全てを決める」と、真理を突く一言を放つ。底の知れない流川というキャラクターが、この先、物語をどうかき回していくのかは大きな見どころになるはずだ。

また、半ば強引に流川のパートナーにされてしまった松尾演じる柳のコメディリリーフとしての活躍にも期待が高まる。事件に巻き込まれた際のあわてっぷりや、限界点を突破して流川にブチギレる姿まで、あくまで冷静でどこか人を食ったような流川とは対局に位置するキャラクター性は、まさにもう1人の主人公といえる。

そんな2人の応酬や、二転三転するストーリー展開も本作のポイント。また、何のためらいもなく、次々と話題性のある動画を配信する流川の目的も気になるところ。2人の関係性の変遷も含め、今後の展開に大注目だ。

ムロツヨシ・古田新太・田中圭が出演するドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第11話が、9月20日に放送されるが、岩切組・岩切組長(古田)を奪還するため狛江光雄(ムロ)は、竜崎組・竜崎組長(田中)のスパイをやめる決意を……。

ページトップへ
Twitter Facebook