矢田亜希子が、2月4日に放送される錦戸亮関ジャニ∞)の主演ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第5話にゲスト出演することがわかった。

本作は、元科捜研研究員の古賀慶が描く累計40万部突破の大人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)を原作とした本格科捜研サスペンス。陰惨な過去を背負いつつも事件の解決に向け、“真実のカケラ”を探す科捜研法医研究員の真野礼二を錦戸、科捜研新人法医研究員・沢口ノンナを新木優子、叩き上げのベテラン刑事・虎丸良平を船越英一郎が演じる。

矢田と錦戸は初共演で、矢田は「(撮影は)1日しか一緒ではなかったですが、とても明るい印象で楽しかったです」と。本作で矢田が演じるのは、18年前に幼い娘・ユウを誘拐された母親・島本彩花(しまもと・あやか)。事件発生当時、犯人の求めに応じて身代金を支払ったものの、娘のユウは行方不明のままで、いまも娘を探し続ける母を演じる。

今回の出演について、矢田は「今までの月9とは違い、本格派サスペンスなので楽しみでした」と述べつつ「短期間で壮絶な人生を演じることができたと思います」と振り返った。

また、矢田が演じる彩花の娘ユウを演じるのは山本。山本はこれが月9初出演で、「驚きましたが、すごく嬉しかったです」とコメント。演じた・ユウについては、「小さい時からいろんな経験をしてきているのですが、そこは表現されてない分バックボーンとして想像でお芝居をするのがすごく難しかったです。監督と話し合いながら撮影させていただきました」と明かした。最後に、「ユウの真実や葛藤いろんな目線でみていただきたいです。そして家族の大切さを皆様に届けられたらと思います」とメッセージを寄せた。

第5話には、矢田、山本のほかに、山中聡安藤玉恵滝沢沙織石垣佑磨らの出演も発表された。

<第5話あらすじ>
科捜研の真野(錦戸亮)のもとに、捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)から鑑定依頼が届いた。黒鷹山の山道付近でスナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)の遺体が発見され、遺体の周辺からは、海東とは違う人物の毛髪が見つかったのだ。ノンナ(新木優子)はこの毛髪のDNA鑑定を行い、それが18年前に誘拐されそのまま行方不明になった女児のものであることが判明。この事件は18年前、母親の島本彩花(矢田亜希子)が目を離した隙に、娘・ユウが誘拐さたもので、彩花と父親の彰(山中聡)は身代金を届けたものの、ユウは見つからず、代わりに誘拐犯と思われる神崎徹(石垣佑磨)の遺体が発見された。今回の鑑定結果を受け、虎丸は今も娘の行方を探している彩花たちに事情を伝え、協力を要請する……。

杉野遥亮が主演を務めるドラマ『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系、毎週金曜24:52〜 ※一部地域を除く)。1月22日放送の第3話では、堀田茜演じるクラスの女子・鎌田と杉野演じる直ちゃんたちのささいないざこざをきっかけに、男子と女子のジェンダーをめぐる話に。インターネット上では「三年生に世界の矛盾を代弁してもらった気分」「ジェンダー教育の教材にしてほしい」との声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook