1月22日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:15~ ※通常は23:00~)は、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人組からなる演劇ユニットTEAM NACSの“母”と呼ばれる、北海道の芸能プロダクション「クリエイティブオフィスキュー」の社長・伊藤亜由美に密着する。

2020年は新型コロナウィルスの影響でわたしたちの生活がすっかり様変わりしてしまいました。マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、手洗い、アクリル板による仕切りなど様々な対策が定着しました。そしてテレビの中もまた、それらの対策がしっかりと取られています。もちろん、それによって番組には何らかの影響が出ているわけです。 そこで“コロナ禍のテレビ”について視聴者アンケートをとりました。あなたはコロナ禍のテレビ、どう観ていますか? 何に違和感を覚えますか? まずはこの質問から。 Q...

ページトップへ
Twitter Facebook