田中みな実

フリーアナウンサーの田中みな実が、山口紗弥加主演ドラマ『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ系、2月2日スタート、毎週土曜23:40~)で本格女優デビューすることがわかった。田中は、妻子ある男性と不倫中の女優・石森麗香を演じる。

同ドラマは、人間の本質をえぐり出す「イヤミス」(イヤな気分になる後味の悪いミステリー)小説の新旗手として注目を集める秋吉理香子の代表作「絶対正義」が原作。山口演じる主婦・高槻範子が、高校時代の4人の同級生を“正義のモンスター”として振り回していく心理サスペンス。演出は『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などを手掛けた西浦正記が担当する。

範子に翻弄される4人の高校の同級生である西山由美子を美村里江、理穂・ウィリアムズを片瀬那奈、今村和樹を桜井ユキが演じることはすでに発表されているが、今回田中が演じる麗香は、高校時代に望まぬ妊娠をしてしまった時に範子に助けてもらったという過去を持つ。子どもの頃からタレント活動をしていてのちに女優に転身、そして妻子ある男性と不倫関係を持ってしまうという役どころ。田中は本作が連ドラ初出演となる。

田中からコメントが到着。以下に、紹介する。

<田中みな実 コメント>
台本を読み、“正義”とは何だろう? と、考えさせられました。正しくあろうとする事は間違っていない。しかし、正しすぎる人の傍にいるのは、時として窮屈で恐怖すらも覚える……。妙な感覚を覚えました。私が演じる石森麗香は、子役から芸能界にいる女優という設定ですが、挫折も経験してきているがゆえ、自身のことをよく分かっている気がします。マイペースに振舞っているようで、調和をとろうとするタイプなのかもしれません。

実は私、大のドラマ好きで、毎クール12~13本は観ているんです。今回ご一緒する主演の山口紗弥加さんは、多くの作品に出演されていて、ドラマ好きの一視聴者としても、とても好きな女優さんです。作品の中では、30代の女たちが、それぞれの生きる世界で生き抜く術を身に着け日々を過ごしています。うまくやるために目を背けてきた問題を、逐一とがめられたらどう感じるのか……。範子の“正義”に、心がざわざわするのではないでしょうか。

ページトップへ
Twitter Facebook