中井りか

NGT48中井りかが、古今東西あらゆることに精通する博覧強記の権化、いとうせいこうと共に、過激で濃厚なゲストを迎え“大人修業”する番組『白昼夢』(フジテレビ系、毎週日曜25:25~)。1月13日(前編/24:30~)、1月20日(後編/25:25~)の放送に、みうらじゅんがゲスト出演する。

みうらは地獄に興味があるという中井のために、前後編に分け、“地獄講義”を開講する。まず中井といとうは、都内のとある“地獄スポット”で、みうらと合流。中井が「自分は地獄に行くと思っているから(地獄のことが)気になっている」と語ると、みうらは「今のうちに予習をしておけば逆にうれしくなる可能性があるぞ」と返し、地獄講義が始まる。今回のために閻魔大王の衣装を特注するなど、準備万端のみうらがゆるい画風で描いた直筆図解ボードにも注目だ。

現世で起こした悪い行いの度合いによって落ちる地獄の種類が異なることを説明するみうら。みうらが中井に対して「何、しでかしてます? 今のところ」とストレートに問いかけます。下に落ちれば落ちるほど「ハードプレイ」になるという地獄だが、中井がどの地獄にまで落ちることができるのかを日頃の行いによって吟味していく。さらにいとうが、中井のロケ中のある行いについて暴露する場面も。そのほか「殺生」「飲酒」「邪淫」など、地獄に落ちるとされている“罪”の定義をみうらがわかりやすく講義していく。

いとう&中井は地獄の全容に好奇心全開! そのほか番組では、法乗院・深川ゑんま堂を訪問。閻魔大王を「推しメン」だと語る中井は日本最大の閻魔大王座像を見て「デカい! アゲ(笑)」と早速テンションが上がる。さらに、死から地獄道行きが決定されるまでの過程を絵解きした江戸時代の作品「地獄・極楽図」をじっくりと見学。もし中井が閻魔大王の裁きを受けたらどうなるか妄想するなど、二人の仲の良さが垣間見えるトークも必見だ。

9月19日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)では、現在公開中の映画『記憶にございません!』の監督・脚本を務めている三谷幸喜を特集する。スタジオには三谷のほかに、川田裕美、小峠英二(バイきんぐ)がゲスト出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook