料理を作る石原さとみ

石原さとみのスペイン旅に密着した『石原さとみのすっぴん旅inスペイン~世界一おいしい街で見せた女優の素顔~』(カンテレ・フジテレビ系)が、2019年1月3日(木)14時30分から放送。石原が20人分の手料理を慣れた手つきで振る舞い、料理上手な一面を見せる一幕がある。

旅好きな石原が、スペイン・バスク地方を巡る4日間に密着。旅の前半は、バスク地方の中心都市ビルバオで、現地の料理に舌鼓を打ったり、時間を忘れてショッピングを楽しんだりと、石原が等身大の素顔を見せる。後半には、“世界一おいしい街”といわれるサン・セバスチャンへ。三ツ星レストランでの未知なる美食体験や、バル巡りなど、美食の街の魅力を思う存分満喫。さらに、石原が女優を志したきっかけを明かすほか、手料理を振る舞い、料理上手な一面を見せるなど、輝く女優の貴重な素顔に迫る。

3日目の朝、フォーマルな服装にハイヒールを履き「今日はスゴイところに行くんだから」と目を輝かせる石原。念願の三ツ星レストランでは、革新的なメニューとその技術に、思わず目をつぶり何度も「おいしい」とつぶやく。そしてそのおいしさの秘密を探ろうと、メニュー開発の裏側も見学させてもらうことに。マイナス196°の液体窒素を使用した調理法など、三ツ星レストランの名にふさわしい努力の数々を見た石原は「おいしくて楽しくて勉強になりました」と感激する。その後、100軒以上のバルが軒を連ねるサン・セバスチャンの旧市街を訪れ、現地でも評判のお店を回り、ワインと一緒に味わうチーズケーキ、肉厚のマッシュルームに感動し、お酒も進みほろ酔いに……。

旅の最終日に訪れたのは、料理好きが集まり、調理や食事を楽しむ会員制の美食倶楽部。会員数300人を超えるサン・セバスチャン最大級の美食倶楽部の会長のルイスさんと向かったのは、新鮮な食材が何でもそろうという市場。そこでルイスさんから「私がバスクの代表的な料理を作る代わりに、君も日本を代表する料理を作ってくれないか?」と提案され、急きょ、食材を調達して日本食を作ることに。石原は「20人分なんて作ったことない!」と言いながらも、こんにゃくをスプーンでちぎるなど、慣れた手つきで調理を進めていく。ルイスさんが作った白身魚の料理とともに、石原特製の日本食も皆で頂くことに。美食家たちの口に合うのか不安な表情を浮かべる石原だが、美食家たちの反応は!?

旅を振り返って石原は「楽しかったです! あっという間でした。とことん食べましたね。太陽の光も浴びて、おいしいものをたくさん食べて、おいしいお酒をたくさん飲んで。すごく満たされている状態なので、いい新年のスタートになる気がします」と笑顔で語った。

次に行きたいところは? と聞かれると「モロッコですね。私、モロッコ料理が大好きなんですよ。次の旅のテーマもやっぱり“食”かな(笑)。ドラマの撮影中とかは制限したりとか、空腹の時の方が集中しやすかったりするけど、こんなにずーっとお腹いっぱいをキープしていたことがなかったから新鮮でした」と、早くも次の旅へ向けた思いを語った。

また、旅の途中、スタッフから女優を志したきっかけを聞かれ「ラジオのパーソナリティーになりたかった」と打ち明けた石原。その夢はかなったというが、知られざる苦悩を語る場面もあった。旅を終えて改めて2019年の抱負について聞かれると「こういう作品に出演してみたい!とかやりたいことがいっぱいあります。自分の中での願望が形になったら嬉しいですし、幸せな一年になると思います」と、新しい年への期待をふくらませていた。

現在、FODで配信されているアニメ『ノー・ガンズ・ライフ』の原作コミックを執筆している作者のカラスマタスクが、FODのバラエティ『有ちゃっとww』に出演。作品の裏側や、アニメ化したことへの心境などを明かした。

ページトップへ
Twitter Facebook