2019年1月7日にスタートする関ジャニ∞錦戸亮が主演を務める新ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~ ※初回90分SP)が、きょう12月26日(水)から“仕事始めはトレース”キャンペーンを開始する。

本作は、元科捜研研究員の古賀慶が描く累計40万部突破の大人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)を原作とした本格科捜研サスペンス。陰惨な過去を背負いつつも事件の解決に向け、“真実のカケラ”を探す科捜研法医研究員の真野礼二を錦戸、科捜研新人法医研究員・沢口ノンナを新木優子、叩き上げのベテラン刑事・虎丸良平を船越英一郎が演じる。

初回放送日が多くの人たちにとって仕事始めの日に当たることから、ドラマが1月7日にスタートすることをPRするため、錦戸、新木、船越が和装ビジュアルで「仕事始めはトレース」と呼びかける。

錦戸はグレーをベースにした袴で、髪型もオールバックに変え、凛々しい雰囲気に。扇子を取り出し放送までのカウントダウンをするカットも撮影した。「あけましておめでとうございます」のコメント撮りでは「言い慣れないなー」とスタッフの笑いを誘う一幕も。そして、新木は超人気モデルとあり、赤や黄色を基調にした振り袖を完璧に着こなしポージングもばっちり。また、船越はダンディーな黒い袴で登場。「おめでとう!」と言いながらたっぷりの笑顔を振りまいた。

和装の錦戸らは本日12月26日より地上波で流れる番組PRに登場。中には「ちょっと、ちょっとそこの奥さま!」(船越)、「2018年はどんな年でしたか?」(新木)、「年が明けたら覚えてください、仕事始めはトレース!」(錦戸)とテレビの前の視聴者に話しかけるバージョンもあるという。

さらに、年末からは3人のメーンビジュアルとともに今回の和装ビジュアル広告も展開されることが決定。都内の主要駅などに等身大、またはそれ以上のサイズで掲出される。また、JR山手線などの電車内でPR動画がデジタル広告として放送される。

菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音が出演する土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の最終話が、6月19日に放送。解散ライブを経て、それぞれの道を歩き出したお笑いトリオ・マクベスの3人と中浜姉妹の姿に、インターネット上では感動のコメントが殺到した(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook