左から、原田泰造、中島健人、中条あやみ、岸優太、林修

映画『ニセコイ』に出演する中島健人Sexy Zone)、中条あやみ岸優太King & Prince)の3人が、12月10日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系、毎週月曜19:00~)に、“ニセコイチーム”として参戦。六平直政神保悟志ら“ベテラン俳優チーム”と常識クイズで激突する。

12月21日(金)公開の映画『ニセコイ』で主人公の一条楽を演じる中島は、「セクシーサンキュー!」と絶好調。2つの空欄を2人1組で解答する1stステージの「ネプゴーラウンド」で、映画のヒロイン・桐崎千棘を演じる中条とペアを組み、問題に挑む。しかし、序盤から小学校で習う歴史の問題を不正解。隣に座る中条から「嘘でしょ……」とびっくりされてしまう。

一方、中島の後輩でもある初参戦の岸の得意科目は、図工と体育。常識力で中島をフォローできるのかに注目が集まる。また、今回3人とチームを組んだ林修は、地理の問題に苦しみ、中島から「今だろ!」と厳しくツッコまれてしまう場面も。

不安定な状態のまま2ndステージの「日本語ツアーズバギー」に挑む“ニセコイチーム”。常識的な日本語に関する問題に解答していくこのゲームでは、中島がチームのメンバーである林と原田泰造ネプチューン)に対して、「お二人は休んでてほしいです」と強気の発言。このゲームのために漢字ドリルや新聞で勉強してきたという中条も「引っ張っていきます」と宣言した。さらに、難問漢字に苦戦する後輩の岸を中島が熱いハグでフォロー。3人の結束力が試される。

対する“ベテラン俳優チーム”は、その経験の豊富さで“ニセコイチーム”を迎え撃つ。今回は、六平や神保と共に、中山美穂の妹・中山忍が初参戦。“間違えたら中山美穂の名曲を歌ってもらう”というプレッシャーと戦いながら、常識クイズに挑む。様々なモノの割合を答える3rdステージの「パーセントバルーン」では、若手俳優とベテラン俳優のどちらに軍配が上がるのか? ボーナスステージ進出に向け、両チームが火花を散らす。

ページトップへ
Twitter Facebook