12月14日(金)19時57分から放送される、岡田将生が主演の東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『大誘拐2018』(東海テレビ・フジテレビ系)。12月4日に、都内で会見が行われ、岡田と渡部篤郎が登壇した。

原作は、天藤真の同名小説。100億円の身代金をめぐるスケールの大きなエンタテイメント作品で週刊文春の「20世紀傑作ミステリーベスト10」第1位などに輝き、91年には映画化された。今回、物語の舞台を東海地方に移し、「昼ドラ」や「大人の土ドラ」で様々な人間ドラマを半世紀以上にわたり描いてきた東海テレビが、個性的な登場人物を鮮やかに描いていく。

岡田演じる戸並健一は、人生の一発逆転を目論み、誘拐を企てる3人組のリーダー的存在。そして健一たちが誘拐した愛知県に住む、日本有数の大富豪で人望の厚き老婦人・柳川とし子(マザー)を富司純子が演じる。さらに、数々の難事件を解決し、誘拐事件の陣頭指揮を執る愛知県警のベテラン名刑事・井狩大五郎を渡部が演じる。さらに、健一と誘拐を企てるメンバーを中尾明慶森田甘路が演じるほか、榊原郁恵杉本哲太長谷川朝晴国生さゆり、新日本プロレスの棚橋弘至平岩紙岡本玲伊原六花らが出演する。

岡田は、今回の作品を「重たい作品なのかなと思ってたんですけど、台本を読んでみると全然重たくなくて。ちょっとキュートでおバカな3人組が、マザーを誘拐するんですけど、どちらが誘拐してるか分からないくらいにコメディな展開になっていて面白くて。あまり深く考えずに見て楽しんでいただけるエンターテインメント作品。今年も頑張ってよかったなと思える“ご褒美のようなドラマ”でした」と語った。

富司との共演については、「健一は元ヤクザなので、口が悪いんです。尊敬する大先輩に対して『クソババァ、クソババァ』と心を痛めながら、申し訳ないなという気持ちで演じていました」と苦笑した。

また、渡部は劇中で名古屋弁を話すが、役作りにあたって方言指導を受けるほかに、河村たかし名古屋市長の演説のYouTubeを見たり、愛知県出身の佐藤二朗に教わったという。「(佐藤に)電話でセリフを言ったら、大笑いしてて。『間違ってはいないけど、今はそんなコテコテに話す人はいない』と言われて(笑)。でも『それを言ってる渡部篤郎が見たい』と後押しされました」と笑った。

そして、役との共通点について聞かれた岡田は、「健一は、ずっと孤独で愛に飢えている役。すごく愛情がほしいという部分については、今の自分にもすごく当てはまっていますね。平成最後のクリスマスなんで愛が欲しいなと思います。変なことを言ってしまいました……すみません、カットしてもらっていいですか(笑)。渡部さん助けてください」と慌てる一幕も。渡部は、「だいたいこれ(このコメントの記事)しか出ないでしょ(笑)。素直でいいと思うよ」とフォローして会場は笑いに包まれた。

<あらすじ>
愛知県に住む、日本有数の大富豪・柳川とし子が誘拐された。誘拐犯は3人組。リーダー格は元ヤクザで刑務所から出所したばかりの若者、戸並健一だ。メンツをかけて捜査に乗り出す愛知県警。たたき上げの刑事、井狩大五郎に陣頭指揮が任された。届いた犯人側の要求は「身代金100億円」。さらに「記者会見を開いて身代金への返答をしろ」。記者会見に臨んだ井狩は毅然とした態度で告げる、「100億円の要求は法外だ」と。前代未聞の金額に、誘拐された大富豪・とし子の親族はうろたえ、記者会見によって、事件は広く世間に知れ渡ってしまう。凶悪な犯罪者による大胆不敵な誘拐事件。日本中の誰もがそう思い注目した。まさに空前の「大誘拐」だ。

そして犯人側の要求は続く。「とし子の全財産を整理して、100億円はすべて現金で用意しろ」、「100億円の引き渡しをテレビで生中継せよ」。SNSやメディアを活用した“劇場型”だ。井狩を筆頭に、現代のハイテクを駆使して捜査する警察組織。一方、その裏で繰り広げられるのは、健一をリーダーとする誘拐犯3人組と大富豪・とし子との知られざるストーリー。

手に汗握る駆け引きの末に迎える、衝撃の結末が……。刑事・井狩が最後に見たモノとは!? そして、健一率いる誘拐犯たちがたどり着く場所とは!?

ページトップへ
Twitter Facebook