歌舞伎俳優の市川海老蔵が、織田裕二主演のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)にゲスト出演することがわかった。出演するのは、12月10日放送の10話と、最終話となる12月17日放送の11話(15分拡大)。海老蔵は、物語のキーパーソンとなるエリート検事を演じる。

本作は、全米大ヒットドラマ『SUITS』のシーズン1を原作としたリーガルドラマ。織田演じる優秀で頭もキレる反面、かなり傲慢な性格で、勝利のためなら違法ギリギリの行為もいとわないエリート弁護士・甲斐正午と、中島裕翔Hey!Say!JUMP)演じる明晰な頭脳と一度見たものは忘れない驚異的な完全記憶能力を持つフリーターの鈴木大輔がバディを組み、厄介な訴訟を解決していくというストーリー。

フジテレビ系連続ドラマ初出演となる海老蔵が演じるのは、最高検察庁の監察指導部に属するエリート検事の澤田仁志。澤田は、甲斐が検事だった頃の後輩で、國村隼演じる最高検察庁・次長検事の柳慎次と検事時代の甲斐との間に存在する秘密や確執を調査するために、甲斐に近づくという役どころだ。

今回のゲスト出演は、海老蔵からのアプローチによるもの。もともと海外版『SUITS』の大ファンだった海老蔵が、『SUITS/スーツ』を視聴し、自身のブログに「楽しかったっす。スーツはNetflixでほとんど見ていたので楽しいです。そして、織田裕二さんと鈴木保奈美さんの御二方が我々世代にはたまらない、通行人でも出たいな」と投稿。そのブログをドラマの後藤博幸プロデューサーが目にしたことがきっかけとなった。

海老蔵はオファーが来たことに驚きつつも、自身初となる検事役については「警察ではない検事という立場で、日本の正義に対しての認識もあり、また強いポリシーを持った人物。高学歴な頭のキレる役どころですので、そういう部分も表現できるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

また、初共演となる織田、鈴木の印象については、「やはり『東京ラブストーリー』です!」と即答。「お二人のドラマを見ていましたし、私が子どもの頃に見ていたトレンディードラマに出演されていらした方々と共演するというのは、とても不思議な感覚です。時が流れたことを実感しますし、あの“カンチ”と“リカ”の間に自分が立つというのも違和感を覚えるかもしれません」と期待に胸を膨らませた。

そして最後に、「最終話まできますと、織田さんや鈴木さんをはじめとした皆さんの作りあげた日本版『SUITS/スーツ』を楽しみにされている視聴者の方もたくさんいらっしゃると思います。さらに皆さんに楽しんで頂けるよう、通行人よりもはるかにいいお役ですが、頑張りたいと思います」とメッセージを伝えた。

やればできる。それはずっとポジティブな言葉として捉えられてきた。でも本当にそうなのだろうか。その前向きな言葉に押し潰されそうになっている人もいるんじゃないだろうか。 『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22:00〜)のメイ(多部未華子)もずっと人から「やればできる」と言われて育ってきた。 そして、そんな期待を「呪い」と重荷に感じながらも、第2話でメイはまたも「やればできる」に応える姿が描か... 水澤紳吾

ページトップへ
Twitter Facebook