今回の主人公は栗農家・齋藤瑠璃子(34)

11月27日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、秋田県仙北市の栗農家・齋藤瑠璃子(34)に密着。父の死という、大きな悲しみに直面するも、いつも笑顔を絶やさない齋藤。高齢化の進む町を支え、明るい未来を目指す彼女のセブンルールとは?

今週の主人公・齋藤は、「齋藤農園」の3代目で、日本一大きい栗と言われる「西明寺栗(さいみょうじぐり)」を始め、お米やネギ、トマトなど15品目約40種類の作物を生産している。元々は農業をする気はなかったそうで、絵を描くことが好きだった為、地元の高校卒業後、東京の美術大学に進学した。そんな彼女の心境に変化が起きる。大学のフリーマーケットで実家の作物を売ってみたところ大繁盛! そこで初めて、地元の農作物の魅力に気が付いた。

大学卒業後、一度は東京で就職するものの、父・譲さんが体調を崩したことをきっかけに、秋田へUターンすることを決意。27歳の時に実家の齋藤農園を継いだ。その矢先、譲さんはある事故に巻き込まれ帰らぬ人に。「農家としてやっていけるのか」、大きな不安を抱えた彼女に手を差し伸べてくれたのは、近所のおじいさんおばあさんとの温かいつながりだった。

様々な思いを抱えながらも、常に笑顔を絶やさない齋藤。農作業に取り組む時も、友人たちとガールズトークで盛り上がる時も、そこにあるのは等身大の姿だ。そんな彼女の周りには多くの人たちが集まり、そして、絶えず笑いがある。何もできなかった自分を助けてくれた人たちへの想いを胸に、明るい未来を目指す彼女のセブンルールは?

日本一大きいと言われる「西明寺栗」を試食したスタジオメンバーたち。「しっとりしている!」(青木崇高)、「栗好きだわ、俺!」(若林正恭)と、口々に称賛の声が。そして料理についての話題に移ると、青木家で行われる“キッチンデート”について、スタジオメンバーは興味津々……。一体どんなデートなのか?

画像素材:PIXTA今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。本来は健康的な場所? ゴージャスなオトナの遊び場画像素材:PIXTA2016年12月に「カジノ法案」が成立して以来、しばしばカジノに

ページトップへ
Twitter Facebook