2019年1月7日からスタートする錦戸亮主演の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)。このほど、ドラマのメインとなる錦戸、新木優子船越英一郎の3人によるポスタービジュアル撮影が行われた。

本作は、元科捜研研究員の古賀慶が描く累計40万部突破の大人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)を原作とした本格科捜研サスペンス。

主演の錦戸は、科捜研法医研究員の真野礼二を、新木は科捜研新人法医研究員の沢口ノンナを演じる。ポスター撮影では、2人は白衣をまとい、叩き上げのベテラン刑事・虎丸良平を演じる船越は、少しゆるめたネクタイに革コートを羽織って登場。

陰惨な過去を背負いつつも事件の解決に向け、“真実のカケラ”を探す真野を演じる錦戸は、すでに役になりきっている様子で、鋭くもどこか悲しげな目をカメラに向ける。その表情には、スタッフやカメラマンも「いいですね!」「目力ハンパない!」と絶賛。さらに、科学的分析をする際に使用する手袋をはめるカットの撮影が行われ、錦戸は手袋のサイズ感や指先一つ一つの角度にこだわりながら撮影に挑んだ。

一方で、新木は白衣の下にオレンジ色のニットを着用し、フレッシュなほほ笑みをたたえながらも、真野と共に“真実のカケラ”を探すイメージで撮影。刑事役の船越は、「俺が犯人を捕える」という強い目線をカメラに送り、にらむ仕草にも様々なバリエーションを加えながら、顔の角度を変化させて撮影に挑んでいた。船越の渋さのにじみ出るその出で立ちには、スタッフからも「かっこいいです!」の声が。それを受けて船越は、「今日は褒められまくりだな」と笑いを誘っていた。

こうしてポスタービジュアルの撮影は終了。主演の錦戸は、「どういう仕上がりになるのか楽しみですね」と期待を寄せ、「クランクイン前なので(主人公の)真野のセリフを実際に発しているわけではないのですが、本編を見た時に、真野のイメージとずれがないように、と思って臨みました」と撮影を振り返った。

共演の新木に対しては、「(月9ドラマ)連投で忙しいですね、大丈夫?」と声をかけたことを明かし、さらに、船越からは「亮ちゃん」と呼ばれていることを告白。錦戸は、「船越さんは、『亮ちゃん』って呼んでくださって、『英ちゃんって呼んでいいよ』って言ってくださるんですけど、やっぱりなかなか難しいので『船越さん』って呼ばせていただいています。でも呼び方以上にもっと深い関係になれればいいなと思っています」と今度の展望を語った。

ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」(毎週金曜夜夜0時12分放送)、夢の競演を果たしている野木亜紀子と宮藤官九郎。野木は脚本家として参加、宮藤は物語のキーマンとなるコタキ兄弟の先輩レンタルおやじ・ムラタを演じているが、お互いにファン同士というふたりは、脚本家として今何を思うのか? また売れっ子ならではの悩みとは? 自身の今後の展開は?「前編」に引き続きドラマファンならば唸ること請け合いの、貴重なお話をどうぞ!「言って伝わるなら言った方がいい。偉かろうが何だろうが知らねえや、って」──そもそもの話な

ページトップへ
Twitter Facebook